「モウリーニョとは2回しか話さなかった…」デ・ブルイネが忘却のチェルシー時代を回想

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年04月16日

「モウリーニョから『残るんだ!』ってメールを受けて…」

モウリーニョ(右)の下でプレーしたチェルシー時代をデ・ブルイネ(左)が振り返った。 (C) Getty Images、(C) REUTERS/AFLO

画像を見る

 昨シーズン、公式戦52試合で12ゴール・21アシストという圧巻のパフォーマンスを披露して、マンチェスター・シティのプレミア制覇などに大きく貢献したケビン・デ・ブライネが、自身にとって初の海外挑戦となったクラブであり、インパクトを残すことができなかったチェルシー時代を回想した。

 元メジャーリーガーのデレク・ジーターが作った独自メディア『Players' Tribune』の取材に答えたデ・ブルイネは、当時、チェルシーを率いていた“スペシャル・ワン”ことジョゼ・モウリーニョと2回しか話す機会がなかったことを告白した。

「メディアではモウリーニョとの関係がいろいろ言われたが、実際のところは2回しか彼と話していない。少しレンタルで外に出すのが、ずっと彼のプランだった」(英公共放送「BBC」より)

 チェルシー加入から1年後となる2012-13シーズンにレンタルで移籍したブレーメンでは、ブンデスリーガ33試合で10得点をマークして存在感を示したデ・ブルイネは、当時ドルトムントを率いていたユルゲン・クロップ監督から獲得を望まれるほどの人気銘柄となった。

 しかし、翌シーズン、デ・ブルイネはチェルシーに復帰する。それは指揮官が望んだからだった。
 
 デ・ブルイネは、「モウリーニョから『残るんだ。君にはこのチームの一員でいてもらいたい』とメールがあった。だから、『OK、素晴らしいじゃないか。僕は彼の構想に入っているんだ』と思ったのさ」と、当時の心境を明かしている。

 迎えた2013-14シーズンは、プレミアリーグで開幕4試合中2試合にスタメン出場と、船出は順調かに思われた……だが、デ・ブルイネは次第に出場機会を失っていった。そして、2013年の12月に「モウリーニョのオフィスに呼び出された」という。この出来事について、デ・ブルイネは、「人生で2度目の大きなターニングポイント」と振り返っている。

「オフィスに入ると、モウリーニョは書類を用意し、『1アシスト・無得点。ボール奪取10回』と言ってきた。どういうことかを理解するのに1分かかったよ。それから彼は、ほかのFWたちのスタッツを読み始めたんだ」

「彼は僕が何か言うのを待っているみたいだった。それでようやく僕は言ったんだ。『でも、ほかの選手たちは15~20試合に出場している。僕は3試合。これは違うんじゃないですか?』ってね」

 モウリーニョとのやり取りを、「不思議な感じだった」と話したデ・ブルイネは、「僕はまったく正直で、『クラブは僕にいてほしくないみたいだ。僕はサッカーがしたい。売ってくれたほうがいい』と言った」と、そこで移籍を志願したという。

 その翌月に開いた冬の移籍市場で、デ・ブルイネはヴォルフスブルクに完全移籍。ブンデスリーガに舞い戻ったデ・ブルイネは再び躍動し、2015年8月にシティへ移籍した。プレミアリーグに再挑戦してからの成長ぶりは、周知のとおりだ。

 モウリーニョの下で羽ばたけなかったベルギー代表MFが、プレミア屈指のタレントになっていることを考えれば、チェルシーが彼を1980万ポンド(約27億7200万円)で手放したのは、安易な決断だったのかもしれない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月14日号
    10月24日発売
    2019年J1&J2全40クラブ
    先取移籍マーケット
    冬の補強戦略
    U-17W杯開幕ガイドも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ