【鳥栖】クエンカが豊田陽平にPKを譲る…ハンドを誘発して「蹴りたそう」なのに、なぜ?

カテゴリ:Jリーグ

志水麗鑑(サッカーダイジェスト)

2019年05月11日

「イサックが蹴りたそうでしたけど…」

仲の良さが垣間見えるクエンカ(左)と豊田(右)の2ショット。写真:徳原隆元

画像を見る

[J1リーグ11節]鳥栖 3-1 G大阪/5月11日/駅スタ
 
 J1リーグ11節の鳥栖対G大阪が5月11日、駅前不動産スタジアムで行なわれ、ホームの鳥栖が3-1で快勝した。
 
 先手を取ったのは鳥栖だ。16分、CKからキッカーの原川力が絶妙なボールを送ると、ゴール前でフリーになったイサック・クエンカがヘディングで合わせ、ネットを揺らした。
 
 鳥栖の1点リードで迎えた後半、ホームチームが畳みかける。72分、左サイドから仕掛けたクエンカがクロスを上げると、ボールが対応した相手DFの手に当たり、PKを獲得。これを、豊田陽平が決めて、2-0とした。
 
 この2点目のシーン、実はクエンカとの間で次のようなやり取りがあったと豊田が明かした。
 
「イサックが蹴りたそうでしたけど、僕が『蹴っていいか?』と話しました。ある程度、決める自信はあったので。イサックもCKから点を取っていましたし、いけるんじゃないかと思って声を掛けました」
 
 そして、ハンドを誘発して“蹴りたそう”なクエンカはこう言う。
 
「もちろん、PKの練習はしていましたけど、取ってから『どっち蹴る?』みたいな話になって『蹴っていいよ』と言いました。何故かと言うと、トヨくんに得点を取って、もう一回自信を取り戻してほしかった。そういったものを持っている選手なので、彼の自信がチームに助けになると思ったので、あげました」
 
 スペイン人MFの優しさが生んだPK弾だったようだ。とはいえPK奪取の前には、豊田はロングボールを競り合って起点を作っており、そのポストプレーがなければクエンカのドリブルもなかった。豊田はPKを蹴るに相応しい働きぶりをしていたのだ。
 
 ゲームはその後、両チームともに1点を奪い合い、鳥栖が3-1で勝利した。良好なチームワークはしっかりと結果に結びついている。
 
取材・文●志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)
【関連記事】
【鳥栖】金明輝監督が初陣で“トーレス外し”を決断!3発快勝に導いた大胆采配の理由
【J1採点&寸評】鳥栖3-1G大阪|MOMは2得点に絡んだクエンカ!ガンバは軒並み低評価に
鳥栖が鮮烈3ゴールで宮本ガンバを粉砕! 新政権で初勝利を挙げ、逆襲への狼煙を上げる
番記者が選ぶ、平成のサガン鳥栖ベスト11! J1昇格を果たした"11年メンバー"が中心。川前や新居らも選びたかったが…
【美女チア】弾ける笑顔が眩しいガールズユニット! 2019年鳥栖の『サガンティーナ』を一挙紹介!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ