【ACL速報】鹿島、引き分け以上でGS突破!疲労と気候に苦しむも0-0で勝負の後半へ

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年05月08日

カウンターでチャンスを作る場面もあったが…

先発したセルジーニョは、こぼれ球に反応して惜しいシュートを放った。写真:滝川敏之

画像を見る

 アジア・チャンピオンズリーグ(以下、ACL)のグループステージ5節、グループEのジョホール・ダルル・タクジム対鹿島アントラーズの一戦は5月8日、ジョホールのホーム、タン・スリ・ダトー・ハジ・ハッサン・ユヌススタジアムで、21時45分にキックオフされた。
 
 鹿島は昨シーズンのACLで5ゴールを挙げたセルジーニョをはじめ、レオ・シルバ、安部裕葵らをスタメンで起用。土居聖真、チョン・スンヒョンらがベンチスタートとなった。
 
 試合の立ち上がりは、ホームのジョホールがポゼッションで優位に立った。アウェーに乗り込んだ鹿島は、深い芝生の感触を確かめるように慎重に入り、守備もやや受けるような形で自陣にブロックを敷く。そうして迎えた13分、徐々に試合のリズムを掴んだアジア王者は、狙い通りにカウンターで右サイドを突破し、最後はL・シルバがシュート。さらに、こぼれ球に反応したセルジーニョが左足で狙ったが枠を外れた。
 

 この一連の攻撃でリズムが出てくると、左サイドバックの安西幸輝も高い位置まで進出してクロスを供給する。守備でも出足が鋭くなり、ジョホールの縦パスをインターセプトする場面が増えた。
 
 しかし、連戦の疲労と高温多湿の気候が鹿島の体力を消耗させた。前半も半ばを過ぎると動きがやや鈍り始める。それでも時折見せるカウンターは迫力があり、29分には左サイドを抜け出した安部がクロスで惜しいチャンスを作った。

 一方、直後の31分にカウンターを受けてピンチを迎える。相手のもたつきに助けれられて何とかしのいだが、一歩間違えば先制点を奪われてもおかしくなかった。
 
 前半の終盤には伊藤がクロスに合わせて決定機を迎えたが、シュートは大きく上へ。結局、両チームともにゴールを奪えないまま前半は終了した。他会場で行なわれていた山東魯能と慶南FCのゲームで慶南FCが敗れたため、鹿島は引き分け以上で3年連続でのACLグループステージ突破が決まる。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ