【ACL】広島が5年ぶりの決勝T進出! 広州恒大に1-0勝利でGS首位通過が決定!!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年05月08日

前半のオウンゴールの1点を守り切る

オウンゴールを誘発するCKを蹴った森島が笑顔を見せる。(C) Getty Images

画像を見る

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は5月8日、グループステージ5節を各地で開催。サンフレッチェ広島は、ホームの広島広域公園陸上競技場で中国の広州恒大と対戦し、広島が1対0で勝利を収めた。


 3勝1敗の勝点9でグループF首位の広島は、2位・広州恒大に勝点2差をつけており、今節を引き分け以上で終えれば、ノックアウトステージ進出が確定することに。
 
 この大一番で広島は、前線の1トップにパトリック、2シャドーに森島司と野津田岳人を配置。最終ラインは野上結貴、荒木隼人、佐々木翔の3バックでスタートした。

 広島は立ち上がりから積極的な試合運びでリズムを掴み、15分にはCKの混戦からオウンゴールを誘発し、先制に成功する。広島がグループステージ突破を大きく引き寄せる1点を奪った。

 その後はブラジル代表のパウリーニョを軸に攻め込む広州恒大に押し込まれる場面が目立った広島だが、粘り強い守備で凌いでいく。
 
 1点リードで迎えた後半は、広州恒大の反撃がいっそう強まる。しかし、広島は局面での気迫溢れるプレーで広州恒大の攻撃を凌いでいく。逆に、広島は手堅い守備から効果的にカウンターを発動。相手の背後を突いて好機を窺う。

 結局、広島は1点のリードを最後まで守り切り、1対0で勝利を収めた。この結果、広島は最終節で敗れ、大邱FCに勝点で並ばれ、得失点差で上回られたとしても直接対決で2勝し上回っているため、グループFの首位通過が決まった。広島は2014年以来、5年ぶりのACLグループステージ突破となった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ