リーガ勢のCL6連覇ならず…「スペイン2強時代」の終焉か?プレミア勢のCL&ELダブル獲りも

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年05月08日

スペイン勢不在の決勝は6年ぶり

なす術なくリバプールの前に散ったバルサ。4年ぶりの欧州制覇はならなかった。(C)Getty Images

画像を見る

 近年のチャンピオンズ・リーグ(CL)を席巻してきたのがスペイン勢だ。ここ10シーズンのうち7度の欧州制覇(レアル・マドリーが4回、バルセロナが3回)を果たし、13-14シーズンからはマドリー、バルサ、そしてマドリーが3連覇と実に5年連続でビッグイヤーを掲げてきた。

 13-14、15-16シーズンには、決勝の舞台でマドリー対アトレティコのマドリード・ダービーが実現してもいる。

 だが、現地時間5月7日に開催された準決勝の第2レグで、バルサがリバプールに0-4で敗れ、アグリゲートスコア3-4の大逆転負けを喫し、決勝進出の夢が絶たれた。
 
 これで、バイエルンがドルトムントを破った12-13シーズン以来6年ぶりに「スペイン2強」以外の王者が誕生することが決まった。

 イングランド勢(リバプール、トッテナム)が優勝なら11-12シーズンのチェルシー以来7年ぶり、アヤックスなら、24年ぶりのオランダ勢(その時もアヤックス)のチャンピオンが誕生することになる。

 ヨーロッパリーグでも、チェルシーとアーセナルのイングランド勢対決が実現する可能性を残している。スペイン勢に主役の座を奪われてきたプレミア勢が、欧州の舞台で隆盛を取り戻しつつある。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月5日発売
    欧州サッカーの1年を凝縮!
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の保存版をお届け
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月27日号
    6月13日発売
    久保建英は欧州へ旅立つ?
    「夏の㊙移籍ファイル」
    テーマ別に総チェック!
    大宮&大分特集も必見
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月6日発売
    欧州強豪の思惑は?
    夏の移籍マーケット最前線
    コパ・アメリカ選手名鑑に
    マンC特別付録も必見!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ