「監督に怒っていた」バルサ戦“奇跡の大逆転”の立役者が心中を明かす

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年05月08日

後半頭からの途中出場でーー。

立て続けに2ゴールを奪い、流れを完全に引き寄せたヴァイナルダム。先発落ちの悔しさを晴らしてみせた。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間5月7日に開催されたチャンピオンズ・リーグ(CL)準決勝・第2レグで、ホームのリバプールが4-0でバルセロナを粉砕。第1レグで負った3点のビハインドをはね返し、アグリゲートスコア4-3で見事に2年連続の決勝進出を決めた。

 先制点と“決勝弾”を挙げたディボック・オリギとともに、「アンフィールドの奇跡」の立役者となったのが、ジョルジニオ・ヴァイナルダムだ。

 1-0で迎えた後半頭から、故障したアンドリュー・ロバートソンに代わってピッチに立つと、54分に右SBトレント・アレクサンダー=アーノルドのクロスに合わせてチーム2点目を奪取。その2分後には、ジェルダン・シャキリのクロスを得意のヘッドでネットに突き刺し、トータルスコアで同点に追い付く貴重な一撃を見舞った。

 79分にオリギが決めた勝ち越しゴールを守りきって、勝ち抜けが決まった瞬間、ヴァイナルダムはピッチに膝をつき両手を顔に当てて喜びを表現した。

 この殊勲のオランダ代表MFは試合後、次のようにコメントした。

「ベンチスタートで監督には本当に怒っていたよ。僕は力を証明する必要があった。周りは奇跡なんて起こせないって思っていたようだけど、僕たちは信じていたんだ」
 
 英国営放送『BBC』の解説者であるアラン・シアラーは「ロバートソンが故障で退いたのは(結果的に)良かった」とコメントし、途中出場で2ゴールを奪ったヒーローを称えている。

 ベンチスタートの鬱憤を晴らし、果敢にゴール前に飛び込んでいく持ち味を遺憾なく発揮して2点を挙げたヴァイナルダム。トッテナム対アヤックスの勝者と対戦するファイナルでも、鍵を握る存在になるかもしれない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月19日発売
    現役監督が「ビッグ12」の
    戦力を採点&格付け
    「CL完全読本」
    全32チーム選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ