横浜が会心の逆転劇!鹿島を下して暫定5位に浮上、仲川&M・ジュニオールが後半に躍動

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年04月28日

先制許すも、後半に仲川とM・ジュニオールがゴール

仲川(右)が同点弾を沈め、M・ジュニオールが逆転弾。いずれもペナルティエリア右に侵入してのゴールだった。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[J1リーグ9節]横浜2-1鹿島/4月28日(日)/日産ス
 
 J1リーグ9節の横浜F・マリノス対鹿島アントラーズが28日、日産スタジアムで行なわれ、横浜が2-1で逆転勝利を収めた。
 
 横浜は0-3で敗れた前節の札幌戦から、スタメン3人を変更。和田拓也が右サイドバックで移籍後初スタメンを飾った。対する鹿島は、古巣対決となる伊藤翔を先発させ、ボランチの三竿健斗が今季リーグ戦初スタメン。また、前節に移籍後初スタメンを果たした白崎凌兵も2試合連続でスターターに名を連ねた。
 
 試合は動いたのは11分、白崎がボールをキープし、左サイドを駆け上がった安西幸輝にスルーパスを供給。これを受けた安西がペナルティエリア内に侵入し、右足で相手GKの股間を抜くシュートを沈めた。その後、鹿島は相手の攻撃を上手くいなしつつ、カウンターで追加点のチャンスを狙った。

 一方、ホームの横浜は丁寧にボールをつないで鹿島守備陣の穴を探る。そうして迎えた69分、三好康児のパスをエリア内で受けた仲川輝人が内側に切り返してDFをかわし、左足シュートをファーサイドに沈めた。
 
 さらに横浜は82分、広瀬のスルーパスにマルコス・ジュニオールが抜け出してエリア内に侵入し、寄せてくるDF犬飼智也を身体でブロックしながら、強烈なシュートでGKクォン・スンテのニアサイドを抜いた。87分には再び仲川が左足でポスト直撃のシュートを放つなど、貪欲に3点目を狙いに行った。

 結局、試合は2-1で終了。横浜が今季4勝目を挙げ、暫定5位に浮上した。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ