元広島・湘南のミキッチが現役引退を発表!「日本でプレーしたことは人生最大の喜びで誇り」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年04月19日

「ミカありがとう!」ツイッターには多くのサポーターからの感謝の言葉が

ミキッチは9シーズンに渡り広島を支え、2012年、2013年のJ1連覇にも大きく貢献。湘南では昨季の1シーズンを戦った。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 湘南は4月18日、昨シーズンまで在籍していたMFミキッチの現役引退を発表した。

 ミキッチは母国のクロアチアでプロデビューを果たすと、めきめき頭角を現し、U-19、U-20と年代別のクロアチア代表にも選出。2009年に来日すると、サンフレッチェ広島ですぐに右サイドのレギュラーに定着し、鋭いドリブルとスピードを武器に2012年、2013年のJ1連覇にも大きく貢献した。

 湘南に移籍した昨シーズンは6試合の出場に止まったものの、日本での10年間でJ1通算227試合に出場し8得点を記録。そのほかリーグカップ18試合、天皇杯12試合・1得点、ACL7試合、クラブW杯5試合出場という成績を残している。

 Jリーグの歴史に名を残す偉大な助っ人の引退に、ツイッターは「ミカありがとう!」「広島でプレーした9年間を忘れない」「本当にお疲れ様…ありがとう」など、多くのファン、サポーターからの感謝の言葉で溢れた。
 

 なおミキッチは湘南の公式サイトを通して以下のコメントを発表している。
 
「この度、現役を引退する事を決意しましたので皆様に報告します。私自身はまだプレー出来ると思いオファーを待っていましたが、また日本でプレーをするという事は叶いませんでした。
 
 10年間日本でプレーしたことは、私にとって人生最大の喜びであり、誇りです。どんな時でも私に寄り添い、力を与えてくれたサポーターの皆さんには本当に感謝しています。そして、私と共に戦ったチームメイト、監督、スタッフのみなさん本当にありがとう!サンフレッチェ広島では3回のリーグ優勝、現役最後のチーム、湘南ベルマーレでもルヴァンカップのタイトルを獲得する事ができました。
 
 私は私らしく勝者として現役生活の幕を下ろしたいと思います。また近い将来、日本の皆さんに会える事を楽しみにしてます!」
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ