【G大阪×浦和】失点場面での審判のジャッジについて遠藤保仁の見解は?

カテゴリ:Jリーグ

志水麗鑑(サッカーダイジェスト)

2019年04月15日

興梠はオフサイドポジションにいたが…

審判のジャッジについて、遠藤がコメントした。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

ゴールシーンでは、主審と副審の協議の末、得点が認められた。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ7節]G大阪 0-1 浦和/4月14日/パナスタ

 1-0でアウェーチームが勝利したG大阪対浦和は、激しい球際の攻防が繰り広げられた。ファウルが多く、審判の判定にフラストレーションを溜める選手も目につく、ピリピリしたゲームだった。

 スコアレスで迎えた87分には、CKのこぼれ球を拾った浦和のエヴェルトンが右足を振り抜き、ネットを揺らした。しかし、すぐさまG大阪のGK東口順昭が副審にオフサイドをアピールした。

 たしかに、シュートの瞬間に浦和の興梠慎三がオフサイドポジションにいた。ボールには触れなかったが、東口からすれば、視界を遮ってプレーに関与したという主張なのかもしれない。

 結局、主審と副審で話し合った後、ゴールは認められた。このジャッジについて、G大阪の遠藤保仁は次のような見解を示した。

「うーん、まあ、オフサイドじゃないでしょ。角度的にヒガシ(東口)の延長線上に立っていないので、分からないですけど。普通であれば、たぶん取らないと思うので。

 ただ、レフェリーとコミュニケーションをとるのは重要なことですし、判定はなかなか覆らないですけど、それでも戦う姿勢はどんな時間でも忘れてはいけないので。

 いくら熱くなってもイエローカードをもらうのとかは、できれば避けたいですけど、ゲームになれば気持ちも高ぶると思います。その辺はキャプテン中心にしっかりとコミュニケーションをレフェリーともとりながら、やっていくべきだと思います」

 いずれにせよ、結果は0-1で敗れ、G大阪はこれでリーグ3連敗。遠藤は「今日のようにアグレッシブに戦いながら、勝ちを続けていければ、来てくれるお客さんも喜んで帰ってくれると思います」と前を向いた。

取材・文●志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ