【横浜】今季初先発で痛恨のPK献上…この悔しさを遠藤渓太は原動力にできるか

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2019年04月13日

「次以降の試合で取り返す」

失点につながるPKを献上した遠藤。その後のプレーでは「空回りした」と話すも、アグレッシブな仕掛けは好印象だった。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1第7節]横浜1-1名古屋/4月13日/日産ス
 
 痛恨のPK献上だった。
 
 7分、遠藤渓太は自陣エリア内で名古屋の宮原和也を倒してしまい、ファウルの判定に。このPKをジョーに決められてしまった。
 
「映像で見ましたけど、自分の反応が遅れてしまったし、ああいうところの“上手さ”で負けたかなという感じです」
 
 自らの失策を挽回しようと、その後はアグレッシブにプレーしたが「空回りしてしまった」。前半は特に気持ちの部分でPK献上を引きずってしまったという。「それが自分の弱さ。もう少し、やりようはあったはず」。左サイドからの果敢な仕掛けで攻撃を勢いづけるシーンもあったが、目に見える結果を残せず、81分に途中交代。不完全燃焼に終わった。
 
 前節のFWエジガル・ジュニオの負傷もあり、リーグ戦では今季初先発のゲームだった。「もちろん、今日の試合に対する想いは強かった」と、いつも以上に高いモチベーションで臨んだはずだったが、思うようなパフォーマンスを示すことができなかった。
 
「次以降の試合で取り返す」
 
 この悔しさを次にどう生かすか。東京五輪世代の期待のアタッカーのリバウンドメンタリティに期待したい。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【横浜FM 1-1 名古屋 PHOTO】白熱の攻防戦は両ブラジル人FWがネットを揺らすも決め手を欠きドロー終了・・・

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ