原口元気擁するハノーファー、7連敗で最下位から脱出できず。浅野拓磨はベンチ外に

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年04月07日

原口元気は90分フル出場で奮闘

原口はもがいているが、出口はまだ見えそうにない…。 (C)Getty Images

画像を見る

 4月6日(現地時間)、ブンデスリーガ第28節が行なわれ、ハノーファーは1-3でヴォルフスブルクに敗れた。

 年明けから1勝9敗、7ゴール29失点、現在6連敗中で最下位(18位)に沈んでいるハノーファーは、アウェーでリーグ7位のヴォルフスブルクと対戦。原口元気は右サイドハーフで先発出場。現地メディアが「これ以上の起用は買い取り義務が発生するため、首脳陣は使用しないことを現場に通達した」と報じた浅野拓磨は、ベンチ外だった。

 残留のために、何としてもこの試合で勝点3を獲得したいハノーファーは、立ち上がりから気迫を見せる。しかし、ヨーロッパリーグ(EL)出場を目指して上位進出を狙うホームチームが、巧みな試合運びで立ちはだかる。

 激しいカウンターの押収となっていた30分、素晴らしい働きをしたのはハノーファーで先発した19歳のリントン・マイナ。ヴォルフスブルクが攻勢に出ていた隙にボールを奪い、前線へ縦パスを送る。それに反応したヘンドリック・ヴァイダントが冷静に決め、先制に成功した。

 しかし直後の32分、あっという間に攻め込まれて失点。パスワークでマークが絶妙にずれた隙間をぬって飛び出てきたレナト・シュテファンが、左サイドからのクロスに走り込みながら頭で合わせてゴール。ハノーファーのリードはわずか2分間で終了し、試合は振り出しに戻る。

 後半、激しい攻防が続き、お互いに主導権を譲らない時間帯が続く。膠着状態で迎えた71分、再び1本の縦パスからハノーファーの守備網をするするっと抜け出したシュテフェンに、本日2点目のゴールを許してしまう。

 さらに78分には3点目を奪われたハノーファーは、反撃の糸口を見つけられず、アウェーで敗北。原口は90分間走り回って攻守に貢献したが、結果を残すことはできなかった。

 ハノーファーは最下位のまま、次節4月12日(現地時間)、ホームでボルシアMGと対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ