【FC東京】劇的ドローでクローザー不在に危機感の長谷川監督。「昨季なら米本がいたが」

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2019年03月30日

ラスト1プレーで痛恨の失点

長谷川監督は浦和戦の引き分けをどう捉えたのか。写真:サッカーダイジェスト

画像を見る

[J1・5節]浦和11FC東京/3月30日/埼玉スタジアム2002
 
 巧みな試合運びでまんまと先制点を奪い、90分を過ぎても1-0とリードを保っていた。
 
「試合の始め、(中盤を)ひし形できた浦和に押し込まれる時間帯もありましたけど、時間の経過とともにしっかりと対応して後半は上手く自分たちの時間帯を作れました。まあ、行ったり来たりという感じになりましたけど、ほぼほぼ危ない場面もなかった」
 
 そう長谷川監督が話したとおり、FC東京は間違いなく90分まではプラン通りにゲームを進めていた。勝負どころで投入した久保が先制点に絡み、その先制点もキャプテン東のアシストからエースのD・オリヴェイラが決めるという文句なしの一撃。開幕4試合無敗で首位に立った実力がフロックではなかったことを示す、勝負強さを後半のアディショナルタイムに入るまでは見せていた。
 
 しかし──。90+4分、まさにラスト1プレーで痛恨の失点を喫する。浦和のエヴェルトン、山中とつながれたボールをゴール前にいた森脇に左足で流し込まれたのだ。勝点3を取れるはずの展開でまさかの結末。これは必然か、偶然か。長谷川監督はこの劇的なドロー劇について独自の見解を述べている。
 
 
「最後(浦和が)3トップに変えてきているのも分かっていましたし、どうしようかなあと。交代枠も2枚残していたので。ただ、ああいう状況下でクローザー的な選手がまだ見当たらない。4節(名古屋戦)、5節(浦和戦)でですね。3バックにするのはちょっとどうなのかなと。ボランチで上手くクローザータイプの選手が昨季なら米本がいたんですが、そういうタイプの選手をある程度作っていかないとこういう展開もありえる。選手たちは素晴らしいゲームをしてくれたと思います。勝点3の試合を勝点1で終わってしまったのは私自身に甘さがあったなと」
 
 この試合のFC東京の控えメンバーは、GKの児玉、DFの太田、DFの渡辺、MFの久保、MFのナ・サンホ、FWのジャエル、FWの田川。ボランチタイプはひとりもいなかった。DFの渡辺は大卒ルーキーでプロでの実戦経験がまだ少なく、確かに「クローザー」と呼べる戦力は見当たらなかった。CBでプロ3年目の岡崎など若手の台頭に期待したいところだ。
 
取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月1日発売
    ストライカー
    「第3世代の衝撃」
    “新・FW黄金期"が
    まもなく到来!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ