【U-22代表】「一人ひとりが成長できるように」中山雄太は予選突破に慢心せず

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年03月27日

ボランチながらも2ゴールを挙げた活躍については…

キャプテンとしてチームを牽引した中山。オランダに戻り、今度はチームで初出場を目指す。写真:佐藤博之

画像を見る

 3月22日、U-23アジア選手権の予選第3戦が行なわれ、U-22日本代表はU-22ミャンマー代表を7-0で下した。
 
 日本は立ち上がりから猛攻を仕掛ける。前田大然がハットトリックを達成するなど、最初の45分だけで5得点。2戦目まで前半に1得点しか奪えていなかっただけに、鬱憤を晴らすゴールラッシュとなった。

 後半も攻撃の手を緩めずに2得点。ミャンマーを圧倒し、予選1位で来年1月のU-23アジア選手権出場を決めた。
 
 試合後、2得点を挙げた中山雄太が大会を振り返り、「(U-23アジア選手権出場という)目標を成し遂げられた。結果としても得点を多く取って失点を0で終えられたのも、ポジティブなところだと思います」と、1位での本大会行きを素直に喜んだ。
 

 そして、試合についても言及。ホスト国のミャンマーと最終戦で戦う難しさを実感しつつも、「(1、2戦目で)出た課題を3戦目はしっかりと改善していこうと。前半は難しい展開でしたけど、7-0で終われて良かった」と安堵の表情を浮かべた。
 
 また、ボランチながら2ゴールを奪う活躍に関しては、「1点目は上手く僕のところにこぼれてくれたので良かった。2点目は(久保)建英から本当に良いボールが来たので、流し込むだけでした」と仲間のお膳立てに感謝していた。
 
 アジア王者を目指し、来年1月にタイでサバイバルマッチへ挑むU-22代表。他国は来年の東京五輪出場が懸かる大会となるだけに、これまで以上に激しいバトルが予想される。

 そこで頂点に立つために――。中山はさらなる成長を個人としてもチームとしても誓う。
 
「個人的には選ばれるように所属チームで頑張りたい。チームとしてもまた集まった時に、一人ひとりが成長できるように頑張っていきたい」
 
 今大会はキャプテンとして奮戦した中山。今後はオランダに戻り、まずはズヴォーレでの初出場を目指す。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ