「香川ら投入も無為に終わる」と韓国メディア。一方で「ハメスとファルカオを封鎖した」との好意的な見解も

カテゴリ:日本代表

ピッチコミュニケーションズ

2019年03月23日

現地観戦したチェ・テグン記者は「日本の組織力が目を引いた」と戦評

ロシアW杯以来となる代表復帰を果たした香川。65分から途中出場するも、結果は残せなかった。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 森保ジャパンがコロンビア代表に敗れたニュースは韓国でも報じられている。ただ、日本が主語となっている報道は少なく、「コロンビア、日本に1-0で勝利、ファルカオPKゴール」(『韓国経済TV』)、「ファルカオPKコロンビア、日本を1-0で制圧…ケイロス監督初勝利」(京仁日報』)など、コロンビアに焦点を当てた報道が多い印象だ。『スポーツQ』も「ケイロス、アジアカップでの屈辱を挽回、ファルカオ決勝ゴール」とヘッドラインを置いた記事で、こう報じている。
 
「コロンビアは昨年ロシアW杯で日本に喫した1-2の敗北を雪辱した。今年1月のアジアカップでイラン代表を率いて日本に0-3で敗れたケイロスは、コロンビア代表監督としてのデビュー戦で日本に雪辱し自信を回復した」
 
 同記事の中で森保ジャパンについて言及していたのは、「日本はホームでの敗北を回避するために香川真司、乾貴士、小林祐希などの海外組をジョーカーとして投入。反撃を狙ったが、無為に終わった」という部分だけだった。
 

 もっとも、森保ジャパンの戦いぶりを詳細に報じるメディアもあった。例えば『SPORTAL KOREA』は「組織で挑んだ日本、見ることができなかったハメス-ファルカオの魔法」という記事を掲載。「客観的な戦力や選手の力量ではコロンビア優位という展望はキックオフ直後に崩れ始めた。ハメス-ファルカオのコンビは山口と柴崎がコンビを組んだ中盤を通過できなかった」とした。日産スタジアムで直接試合を観戦した同メディアのチェ・テグン記者は、「PK失点による敗戦だったが、ハメス・ロドリゲスとファルカオを封鎖した日本の組織力が目を引いた」と戦評した。
 
 チェ・テグン記者は「ファルカオPKに泣いた日本…コロンビアに0-1の惜敗」と題して報じられた記事の中でも、「日本は前半終始、主導権を失わなかった。チャンスもコロンビアよりも多かった。36分に柴崎が放ったシュートがゴールポストをわずかに外れる惜しい場面もあった。その1分後には鈴木のダイビングヘッドのチャンスもあった。優勢な試合を展開したが、たった一度の守備のミスで敗北の苦杯を舐めねばならなかった」とした。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ