「スペインのメディアは俺を殺したがるけど…」マドリー所属のベルギー代表GKが反論!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年03月23日

「世界で最高のGKのひとりだと思っている」

「GKにとってはあり得るミスだ」と語ったクルトワだが、痛恨のミスだったのは間違いない。 (C)Getty Images

画像を見る

 現地時間3月21日に行なわれたEURO2020予選のロシア戦で、それは起こった。

 ベルギーが14分にユーリ・ティーレマンスのゴールで先制した、その2分後だった。バックパスを受けたGKのティポー・クルトワが、背後からアルテム・ジューバのプレッシャーを受けて体勢を崩し、あろうことか敵のデニス・チェリシェフにボールを“渡して”しまい、そのままゴールを許すという、ショッキングな失点を喫したのだ。

 試合はその後、エデン・アザールが2ゴールを奪ってベルギーが3-1で勝利し、大事には至らなかったものの、クルトワの痛恨のミスは、多くのフットボール・ファンの嘲笑の的に。欧州各国のメディアも「プロなのか。信じられない」、「一から技術を学ぶべきだ」と辛辣だった。

 そんななか、こうした批判に対して、クルトワ本人が反論をした。スペイン紙『MARCA』が報じている。

「スペインのメディアはよく、俺を“殺そう”とするけど…俺は僕自身のことを世界で最高のゴールキーパーのひとりだと自負している。

 あの場面はチェリシェフに引きずられてしまって、ボールを止めることができなかったのは確かに俺のミスだ。でも、こうしたちょっとしたミスは長いキーパー人生では起こり得ることさ」

 昨夏に移籍したレアル・マドリーで定位置を確保していたクルトワだが、今月11日に復帰したジネディーヌ・ジダン監督の初陣では、まさかのベンチスタートとなり、ケイラー・ナバスに先発の座を譲った。クラブから、「フォームが崩れている」と警告を受けたという報道もあり、一転して厳しい立場に追いやられている。

 それだけに、代表戦で健在ぶりをアピールしたいところだったが、ますます評価を落とす結果となってしまった。24日に行なわれる、EURO予選・第2節のキプロス戦で、汚名返上となるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ