【セルジオ越後】新戦力は不発でロシア組もいまひとつ…未招集の大迫が得をしたね

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェスト編集部

2019年03月23日

CFの鈴木はノーゴール。これでは…

A代表デビュー戦で先発を飾った鈴木。しかし、決定機を逃し、無得点に終わった。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 キリンチャレンジカップのコロンビア戦は0-1で敗れ、森保ジャパンで初めて完封負けした。相手はケイロス新監督の初采配ということもあって、ハメスやファルカオなど主力を呼んだ本気のメンバー。ロシア・ワールドカップの再戦という意味でも注目されたけど、コンディション不良のハメスがスタメンを外れ、なおかつ開始3分で数的優位に立ったあの時とは、相手の強度が違った。結局、エースが先発し、11対11で戦ったコロンビアには勝てなかったね。
 
 日本は相手より7本も多い16本のシュートを打ちながら決定力不足で無得点に終わり、64分にはファルカオにPKを決められた。0-1でスコアは僅差でも、まったく惜しい試合でも何でもないよ。実際、コロンビアの堅守を前に、日本のシュートはほとんど枠に飛んでいなかった。
 
 気になったのは試合後の森保監督のコメントだ。「交代選手がギアを上げてくれた」と言っていたけど、違和感があるよね。失点後から交代カードを切って、すでに先制したコロンビアは引いて守っていたんだから、日本がボールを持てるのは当然じゃないか。スペースがあったから攻められただけであって、むしろ敵の守備ブロックを崩すようなギアチェンジはできていなかった。
 
 コロンビアは試合巧者で、上手く守り切った。日本は前がかりになったところを突かれて、カウンターから追加点を取られてもおかしくなかった。これが真実だよ。

 そもそも、失点後に香川、乾、小林、鎌田、安西が投入されたけど、アピールできた選手はいない。鎌田と安西はせっかくA代表に初招集されたのに、もったいないね。ロシア・ワールドカップのベルギー戦以来の出場を果たした香川も、良かった時のパフォーマンスとは程遠い出来だった。
 
 とはいえ、スタメンの選手だって活躍していたとは言い難い。堂安と南野は果敢にシュートを狙っていたとしても無得点でベンチに下げられているし、香川と同じくロシア・ワールドカップ以来の代表復帰だった山口も特に目立っていなかった。代表チームには神戸で同僚のビジャもイニエスタもいなくて、ボールを奪うだけでは仕事にならない。
 
 A代表デビューで1トップに抜擢された鈴木も同じだ。36分のビッグチャンスでヘディングを外し、失点直後に交代させられた。J1で4試合・3ゴールという結果を買われて起用されながら無得点。これでは、同じリーグで5ゴールと彼より多く得点を決めているトリニータの藤本を呼べば良かったじゃないか、となってしまう。こういうことを言われないためにも、鈴木は結果を残さなければいけなかった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • スラッガー5月増刊号
    4月1日発売
    ICHIRO MLB全軌跡2001-2019
    衝撃の記憶 名場面13選
    全3089安打詳細記録
    2019日本開幕シリーズ レポート
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月25日号
    4月11日発売
    東京五輪の主役候補を追え!!
    97~03年生まれ限定
    次世代タレント200選
    クラダイは名古屋&柏!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月18日発売
    2019年 夏の移籍マーケット
    「空前の大シャッフル」
    を読み解け!
    強豪15クラブはどう動く!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ