2021年のU-20W杯を目指すU-18代表がイングランドに敗戦… 一度は追い付くも4失点

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年03月22日

湘南の柴田が同点弾を決めるまでは良かったのだが…

鳥栖でJデビューを飾った松岡が先発したが、イングランドに力の差を見せ付けられた。写真:滝川敏之

画像を見る

 現地時間3月20日、UAE遠征中のU-18日本代表が「SportChain Cup」の初戦に臨み、U-18イングランド代表に1-4で敗れた。
 
 U-18代表を率いる影山雅永監督が欧州遠征中のU-20代表で采配を揮っているため、今大会は不在。冨樫剛一コーチが監督代行として指揮を執るなか、スタメンにGK三井大輝、DFにバングーナガデン佳史扶、山﨑大地、馬場晴也、松岡大起、MFに松橋優安、山本理仁、柴田壮介、鈴木唯人、FWに熊澤和希、藤尾翔太を送り込んだ。
 
 日本は近年ユース年代で圧倒的な力を誇示しているイングランドに対し、出端を挫かれる。9分、ロングボールから失点を喫し、いきなり追いかける展開となった。それでも粘る日本はショートパスで崩し、最後は柴田がネットを揺らして即座に同点に追い付く。だが、世界トップクラスの力を誇る相手に屈し、17分に直接FKを決められて勝ち越しを許した。
 
 その後は、なんとか凌いで1-2で前半を折り返したものの、日本は後半も苦戦する。69分と84分にも失点し、終わってみれば1-4の敗戦。冨樫監督代行率いるU-18代表は、初戦を勝利で飾れなかった。

 試合後、日本サッカー協会を通じて柴田が試合を総括。「今回のイングランド戦で一番感じたことは、対応力の違いと、細かい部分の精度です。日本がやり方を変えるとイングランドもすぐに修正してきました。そういったことを当たり前のようにやってきました」と、相手の組織力にレベルの高さを感じたとし、「また、個人の能力の高さの差はありました。その差はチーム力でカバーできるとも思いました。個人として、ビルドアップの時の細かいところや縦の出入り、守備時の判断力、ボールを奪い切るところなどに課題が出たので、またトレーニングで修正し、次戦に臨みたいと思います」と、今回の課題を次のロシア戦に生かしたいとした。
 
 日本の2戦目は現地時間の22日。U-18ロシア代表に対し、どのような戦いを見せるのだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ