CL敗退のパリSGを挑発したエブラ、差別発言を謝罪も…「深いショック」を受けたクラブ側は法的措置を検討か

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年03月20日

「誰かを傷つけたりする意図はなかった」…

エブラのSNSには、母国のファンから「国の恥」「こんな奴がフランス代表のキャプテンを務めていたとは……」との失望や怒りの書き込みが多く見られた。写真は件の試合でユナイテッド時代の同僚G・ネビルと談笑。右はポグバ。 (C) Getty Images

画像を見る

 マンチェスター・ユナイテッドのOBであるパトリス・エブラは、チャンピオンズ・リーグ(CL)ラウンド・オブ16で古巣がパリ・サンジェルマン相手に逆転突破を果たしことで、パルク・デ・プランスのスタンドで大はしゃぎしていた。

 ユース時代にパリSGに在籍したエブラだが、その後はユナイテッドで黄金期を過ごしたのは周知の通りだ。それだけに、エブラはスタンドで、ポール・ポグバらと逆転勝利を喜んだ。

 そのはしゃぎっぷりに苦言を呈したのが、モナコ時代のエブラのチームメイトで、パリSGのOBでもあるジェローム・ロタンだ。だが、エブラは「次に会ったらひっぱたいてやる」と返した。

 そして、試合から10日が過ぎても、エブラの興奮は収まらなかったようだ。「ESPN」や英紙『Guardian』によると、エブラは18日にSNSで動画を投稿し、「絶対勝てないチームを応援するのはやめな」と、パリSGを再び挑発したのである。

 ヒートアップしたエブラはスラングもまじえ、再びロタンに対して「ひっぱたいてやる」と言い放ち、さらに「パリよ、お前らはホモだ。オレたちはDチームで勝った。オレのブーツを磨いていたような、(まだ)精通もしていない子どもたちがプレーした」との暴言を口にした。

 これを受け、パリSGも動き出した。「クラブとその代表、元選手に対するエブラの暴言、そして同性愛者を嫌悪する発言を強く非難する」と声明を発表。エブラの発言に「深いショック」を受けたとし、パリSGはあらゆる差別と闘うと強調している。

 報道によれば、パリSGはエブラに対する法的措置も検討しているとのこと。一方、エブラは19日、ツイッターで「大きな誤解を説明したい」と謝罪した。

「自分は同性愛嫌悪者じゃない。全ての人を愛している。だから、誰かを傷つけたり、不快にさせたのであれば、謝罪する。そういう意図はなかった。だが、メディアが自分を悪く言おうとしているだけだ」

 エブラの釈明は、パリSGとそのサポーターに届くのだろうか……。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月5日発売
    欧州サッカーの1年を凝縮!
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の保存版をお届け
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月27日号
    6月13日発売
    久保建英は欧州へ旅立つ?
    「夏の㊙移籍ファイル」
    テーマ別に総チェック!
    大宮&大分特集も必見
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月6日発売
    欧州強豪の思惑は?
    夏の移籍マーケット最前線
    コパ・アメリカ選手名鑑に
    マンC特別付録も必見!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ