「キーパー可哀想...」DAZN週間スーパーゴールが発表!今節のJ1最高評価は?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年03月18日

今節ピックアップされた6ゴールで最も評価されたのは柏の一撃!

藤本(右)のヒールショット、ソウザ(中央)の直接FK弾を抑え、1位になったのは柏の強烈ミドルだ。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 3月17日と18日に各地でJ1の4節が開催された。22日と26日に代表戦が行なわれるため、J1は先週末が中断前最後の試合。勝利を掴んでブレイクに入れば、気の持ちようはまるで違う。様々な想いが交差するなかで今節も多くのゴラッソが生まれた。

 それらのなかからDAZNが厳選し、「DAZN週間スーパーゴール」として公式ツイッターで動画とともに発表している。
 
 今回選出されたのは、6つのゴールだ。伊藤翔(鹿島)が強引な突破から鮮やかに沈めたループシュート、ソウザ(C大阪)が角度のないところから叩き込んだ直接FK弾、興梠慎三(浦和)の強烈なヘディング、山根視来(湘南)のCBとは思えない強烈な左足はいずれも見事だった。
 

 そして、誰もが度肝を抜かれたのが、藤本憲明(大分)の芸術的なヒールショットだろう。55分に先制弾を奪って迎えた58分、松本怜が右サイドを深く抉ると、グラウンダーのクロスをニアに入れる。これを藤本が右足でヒールで合わせ、ネットを揺らした。この得点で今季5得点目。リーグトップスコアラーの10番が鮮やかなゴールでスタジアムの視線を独り占めにした。
 
 多くの鮮烈弾が生まれた今節。その数々のゴールのトップに君臨する一撃として今週のベストゴールで最高評価を受けたのが、広島の柏好文の鮮烈弾だ。松本戦の61分、ペナルティエリア手前の左から小刻みにボールにタッチすると、最後は右足でフィニッシュ。右サイドネットに突き刺さり、チームに勝利をもたらす決勝弾となった。
 
 このゴールにはサポーターも反応し、SNS上で「いいシュートや」「キーパー可哀想...」「気持ちいいっすね」「ナイスゴール」と称賛の声を挙げている。
  
 開幕戦4試合で2勝2分と好調を維持し、4位に位置している広島。昨季はあと一歩のところで優勝を逃したチームにとって、柏は欠かせない存在だ。次節も観衆の視線を虜にするゴールを奪えるか楽しみだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ