C・ロナウドの決勝PKは誤審だった⁉元レフェリーがモノ申す!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年03月13日

「接触はあったかもしれないが…」

ユーベがPKを獲得したのがこのシーン。ベルナルデスキがコレアに倒された。(C)Getty Images

画像を見る

 3月12日(現地時間)に開催された、チャンピオンズ・リーグのラウンド・オブ16第2レグで、ホームのユベントスがアトレティコ・マドリーに3-0で快勝。トータルスコア3‐2で逆転し、3シーズン連続のベスト8進出を決めた。

 この大一番で勝負の分かれ目となったのが、84分にユベントスに与えられたPKだ。ドリブルで切れ込んだフェデリコ・ベルナルデスキが、アンヘル・コレアに後ろから手で押されて倒されると、ビョルン・カイペルス主審がファウルを宣告。これをクリスチアーノ・ロナウドが決めて勝ち越し、ユーベが準々決勝へ駒を進めたのだった。
 
 このPKの判定に異を唱えたのが、スペイン人の元レフェリー、アンドゥハル・オリベル氏。同国の年間最優秀主審に二度選出された経験もある著名な審判だ。

『Radio Marca』に出演したオリベル氏は、「私の見解ではあれはPKじゃない。接触はあったかもしれないが、ファウルには値しない」と持論を展開した。

 オリベル氏はスペイン人だけに、アトレティコに不利に働いた判定に納得がいかなかっただけかもしれないが……。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ