本田圭佑のひと言にパトリックが思わず笑顔。「彼は本当に素晴らしい選手」

カテゴリ:Jリーグ

志水麗鑑(サッカーダイジェスト)

2019年03月13日

「終わってからちょっと話をしましたけど」

歩み寄るパトリック(右)に、本田(左)が言葉を掛けた。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[ACLグループステージ2節]広島2-1メルボルン・ヴィクトリー/3月12日/広域公園
 
 ACLグループステージ2節のサンフレッチェ広島対メルボルン・ヴィクトリーが3月12日、広島広域公園陸上競技場で行なわれ、広島が2-1で勝利した。
 
 幸先よく先手を取ったのは広島。3分、右サイドを突破したパトリックの折り返しのボールに、東俊希が合わせて先制ゴールを奪った。71分にはメルボルン・Vの本田圭佑に同点弾を決められたものの、最後は柏好文のクロスから渡大生がネットを揺らして逆転し、勝負を決めている。
 
 そんな試合後、ピッチ上で先制点をアシストしたパトリックと同点ゴールを決めた本田が何か会話をしていた。見事な活躍でゲームを盛り上げたふたりは、どんな話をしていたのだろうか。
 
「終わってからちょっと話をしましたけど、ディフェンスのことを褒めてくれて。彼は本当に素晴らしい選手だと思いますし、やっぱりスター性があるなと」
 
 そうパトリックが明かしてくれた。具体的には、「連動したプレスバックと、2回くらい彼(本田)に強く当たったディフェンス」だと言う。
 
 この日のパトリックの活躍と言えば、やはりアシストシーンのドリブル突破が一番の見せ場だっただろう。しかし、本田は敵として、違った視点でパトリックを称えた。
 
 攻守両面で奮闘した強力助っ人FWを評価できるポイントは多々あった。そのなかでも、ディフェンスを“本田に”褒められたパトリックは、嬉しそうに思わず笑みをこぼしていた。
 
取材・文●志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ