原口元気、ゴールは“雪”に阻まれるも、2戦連続アシスト! 2点差から追いついたハノーファーは最後に力尽き4連敗…

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年03月11日

減速したボールは無情にもゴールライン手前で…

結果はいつも通りだったが、後半の内容にはホームスタジアムのサポーターもある程度満足できたことだろう。原口は雪に“翻弄”されるも、攻撃でチームを牽引してみせた。 (C) Getty Images

画像を見る

 3月10日(現地時間)、ブンデスリーガ第25節が行なわれ、ハノーファーは2-3でレバークーゼンに敗れた。
 
 前節で残留争いのライバルでもあるシュツットガルトに1-5の大敗を喫するなど、厳しい状況のなかにいる17位ハノーファーが、好調の6位レバークーゼンをホームに迎えた一戦。原口元気は5試合連続のスタメン入り、浅野拓磨は膝の負傷でメンバーから外れた。
 
 立ち上がりから、雪が降りしきる悪コンディションのなかでレバークーゼンが積極的に攻撃を仕掛けるが、ハノーファーはしっかり守りを固めて対応。7分にはカウンターからマイナがドリブルで突き進んで倒され、これで得たFKからバカロルツがファーストシュートを放つ。
 
 雪は強くなる一方で、10分には白球からカラーボールに変更される。ピッチも白くなりつつあるなか、13分、レバークーゼンはベイリーがペナルティーエリア左に侵入してマイナスのクロス。これをブラントがダイレクトで叩くと、GKエッサーは押さえ切れず、こぼれ球をフォラントが押し込んで先制ゴールを挙げる。
 
 ボールが転がりにくくなる悪コンディションにおいても、アウェーチームはしっかりパスを繋ぎ、プレーの強度でハノーファーを上回り、次々にゴールに迫っていく。28分には、ハベルツ、ブラントを経て、ラストパスを受けたフォラントが、ボールを浮かせてエッサーの頭上を抜き、追加点を奪った。
 
 前線の左サイドに入った原口は、守備に奔走する時間が続くが、16分に初めてドリブルで仕掛け、中央に進んで前線のジョナタスにパスを通そうとする。
 
 そして33分に、後方からのロングボールに反応し、GKフラデツキの前で浮き球をかっさらうと、無人のゴールに流し込むが、ボールは積もった雪によって減速し、ゴールライン手前で無情にも止まってしまった……。
 
 ハノーファーの追撃ゴールを阻んだ雪はますます強くなり、41分にはライン上の除雪作業のために試合は中断となり、選手はいったんピッチから姿を消す。
 
 再開後、原口がエリア左外から持ち込んでチャンスを創出。さらにハノーファーは、アディショナルタイムにワラセがクリアボールをダイレクトで押し込むが、グラウンダーのシュートは、やはりスピードを削がれてフラデツキに難なくキャッチされた。
 
 直後には、レバークーゼンもベイリーのラストパスでフォラントが決定機を迎えるが、これはエッサーの素早い飛び出しでブロックされ、前半でのハットトリックはならなかった。
 
 後半、アウェーチームが先に攻め上がるも、ハノーファーはすぐに反撃に転じ、51分、原口が左サイドでボールをキープしてから上げたクロスを、ジョナタスが頭でゴール右隅に叩き込んで1点を返す。
 
 原口は53分にも左の突破からのクロスで、フラデツキのキャッチミスを誘い、また混戦で相手守備陣を慌てさせる。その後もハノーファーは攻勢を維持するが、原口はポジションを縦横に広く移しながら、中心として攻撃に絡んでいく。
 
 レバークーゼンの攻撃を単発に抑えて、ボールを支配しながら敵陣でプレーを続ける。67分の左サイドからの攻めでは、マイナのシュートがCBターの腕をヒットするが、半身だったということか主審の笛はならない。
 
 そして73分、左サイドのFKをヴァイダントが競り勝ってヘディングシュート。これをフラデツキが横っ飛びでセーブするが、カバーしようとしたヴァイザーに当たってゴールラインを越える。ハノーファーは、相手のオウンゴールで試合を振り出しに戻した。
 
 勢いづいたホームチームは、76分にもヴァイダントがドリブルでエリア内に侵入し、さらにこぼれ球を拾ったムスリジャがフィニッシュまで持ち込んで地元の観客を沸かせる。その直後には逆襲を受けるも、エッサーが思い切った飛び出しで、ピンチをしのいだ。
 
 終盤に入り、再びレバークーゼンに押し込まれ、82分にはハベルツに抜け出されるも、エッサーの飛び出しでシュートコースを塞ぎ、その1分後にはパスを回された末にベララビのフリーでのシュートを浴びるが、ボールは枠を外れる。
 
 原口はボールを奪うと、強さを発揮してボールをキープしながら攻撃に繋げ、次の1点を狙っていく。
 
 しかし87分、レバークーゼンは左でフリーのボールが渡ると、ダイレクトのクロスをハベルツが反応良く頭で合わせてゴールネットを揺らし、勝ち越し点を奪ってみせた。
 
 ショッキングな失点を喫したハノーファーだが、諦めることなく攻めに転じ、敵陣深くにボールを運んでいく。アディショナルタイムに入ってから1分、セットプレーからアントンが決定的なシュートを放つもブロックされ、5分に原口が倒されて得たFKも活かせず、直後に試合終了を迎えた。
 
 前節と異なり、気迫を前面に出して2点ビハインドから追いついた点は良かったが、勝点3も望める状況からの敗北に、やはり失望は大きい……。この試合の影響は、次節のアウクスブルク戦(17日・アウェー)でどのようなかたちで出るだろうか。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月5日発売
    欧州サッカーの1年を凝縮!
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の保存版をお届け
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月27日号
    6月13日発売
    久保建英は欧州へ旅立つ?
    「夏の㊙移籍ファイル」
    テーマ別に総チェック!
    大宮&大分特集も必見
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月6日発売
    欧州強豪の思惑は?
    夏の移籍マーケット最前線
    コパ・アメリカ選手名鑑に
    マンC特別付録も必見!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ