「幸せの絶頂にいたのに…」「彼は“我が家”の危険性を知った」札幌の新助っ人を襲ったハプニングに世界が驚き!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年03月10日

4得点を叩き込んだ札幌の新助っ人を襲ったハプニングとは?

得点直後にゴールパフォーマンスを披露しようと意気揚々としていたアンデルソンにまさかのハプニングが起きた。 写真:滝川敏之

画像を見る

 3月9日に行なわれたJ1リーグ第3節で北海道コンサドーレ札幌は清水エスパルスを5-2と撃破。2連勝(2勝1敗)とした。

 この試合で札幌の大勝に大きく貢献したのは、ブラジル人の新助っ人アンデルソン・ロペスだ。1-1で迎えた前半アディショナルタイム2分に勝ち越し弾を決めると、49分と65分にもゴールを奪ってハットトリックを達成。そして69分には試合の趨勢を定める自身4点目を突き刺した。

 ただ、試合後、4点というラッシュを決め込んだこと以上にA・ロペスが注目を浴びたのは、49分に2点目のゴールを奪った直後の“ハプニング”にあった。

 得点後、ホームサポーターが待ち構えるゴール裏へ走ったA・ロペスは、フェンスを越えてジャンプ! しかし、飛び越えた先はピッチレベルよりも約2メートルほど深くなっており、この高さを把握していなかったブラジル人FWはそのまま落下。左肩付近を押さえて倒れ込む事態が起きていた。

 大事には至らなかったものの、Jリーグで起きたまさかのハプニングを世界各国のメディアも驚きを持って取り上げている。

 英公共放送「BBC」が、「日本のコンサドーレ札幌にいるブラジル人ストライカー、アンデルソン・ロペスは想像以上の高さに大ズッコケ。怪我はしなかったが、“我が家(ホーム)”の危険性を知った」と映像付きで報道。そしてオランダ放送協会「NOS」は、次のように記した。

「素晴らしいゴールを生み出して幸せの絶頂にあったブラジル人はそれを喜ぼうとしたが、人生というものは全てが上手くはいかないということを学んだ」

 世界も驚くようなハプニングに見舞われたA・ロペスは、試合後のフラッシュインタビューで、「あそこを飛び越えていなかったら4得点は取れていなかったかもしれない」とおどけていた。好調な札幌にあってその存在は貴重なだけに彼の無事には、スタッフたちも安堵していることだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ