マドリーがまさかのCL敗退! その時、意図的警告で出場停止のS・ラモスはベルナベウの専用ルームで…

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年03月06日

マドリーはキャプテンの欠場が響く

スタンドでチームメイトたちの様子を眺めていたS・ラモス。その時、行なわれていたのは……。 (C)REUTERS/ AFLO

画像を見る

 それは、まさかの敗北だった。

 現地時間3月5日、チャンピオンズ・リーグ(CL)ラウンド・オブ16の第2レグが行なわれ、王者レアル・マドリーがアヤックスに1-4と敗戦。2戦合計3-5で屈辱的な逆転負けを喫した。

 この試合で、改めてその存在の大きさが証明されたのは、マドリーのセルヒオ・ラモスだった。

 2月14日に行なわれた第1レグの終盤に警告を受けたS・ラモスは、累積警告で第2レグは出場停止に。さらに試合後、意図的に警告を受けたのでは? という質問に「そうじゃないと言ったらウソになる」と答えたことから、UEFAが調査に乗り出し、結果、追加で2試合の出場停止となっていた。

 怒涛の反撃を仕掛け、瞬く間にゴールラッシュを決め込んだアヤックスを前に、マドリー守備陣は脆さを露呈。そこに、精神的支柱でもあったS・ラモスの欠場が大きな影響をもたらしたことは言うまでもなかった。

 そんなキャプテンは、チームメイトたちが苦戦している最中に一体何をしていたのか? スペイン紙『Marca』は、試合中の彼の動向を追っていた。

 ベンチにも入れないS・ラモスはこの日、試合会場となった本拠地サンティアゴ・ベルナベウにある、自らのプライベートルームで試合を観戦。しかし、その部屋には大掛かりなカメラクルーがいたことも目撃されている。

 同紙によれば、そのスタッフたちは『Amazon』で配信予定のドキュメンタリーの撮影班だったという。もちろん、撮影は前もって予定されていたことであるが、自身が欠場した試合で、ドキュメンタリーにはぴったりのドラマティックな展開の末にチームが敗退するとは、なんとも皮肉なものである。

 クラブ史上初めて第1レグに勝利しながら敗退を喫し、CL4連覇の夢が儚く散ったマドリー。今後、その責任を糾弾されるであろうS・ラモスは、いかにして名誉を挽回していくだろうか。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月10日号
    9月26日発売
    全4135選手!
    都道府県別
    Jリーガー
    輩出ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月17日発売
    欧州81クラブの
    最新スタイルを総点検
    「戦術&キーマン」
    完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ