【大分】「対策され過ぎてしまった」開幕戦で鹿島から2点を奪った藤本憲明の2戦連続弾はお預けに

カテゴリ:Jリーグ

平井瑛子(サッカーダイジェスト編集部)

2019年03月03日

黒星スタートだが悲観すべきではない

完全にマークされ藤本は前線で孤立しがちだった。この試合の大分のシュートは藤本の1本のみに。(C)J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

[J1リーグ2節]大分0-1松本/3月2日/昭和電ド
 
「相手の守備が硬かった」と大分の選手からは揃って同じ言葉が出てきた。J1に復帰した記念すべき開幕戦でアジア王者を蹴散らした試合から一転、今節は歯がゆい結果になった。しかも相手は昨季同じJ2で戦った松本だったのだから、なおさらだ。
 
「松本は勝たねばならかった相手だった」とキャプテンの鈴木義宜は悔しさを滲ませた。昨季は松本の堅守に悩まされながらも、ホームとアウェーともに勝利を収めていただけに、今回の黒星は相当に堪えたのだろう。
 
“なぜ勝てなかったのか”との想いが一番大きかったのは、藤本憲明かもしれない。前節、強敵・鹿島を相手に2ゴールを挙げ、一躍話題の人となった藤本は松本の3バックに完全に封じ込まれ、90分で放ったシュートはわずか1本だった。思うように動けない時間が続き、「松本に対策され過ぎてしまった」との藤本の言葉通り、松本のほうが一枚上手だった。
 
「相手に翻弄されている感じがして、動きが硬くなってしまった。そして攻撃はワンサイドばかりだった。右サイド、左サイドともう少しサイドチェンジをしながら前に進むべきだった」(藤本)
 

 さらに新戦力のティティパンや小塚和季も揃って「なかなか攻め切れなかった」、「うまく守られてしまった」と話す。
 
 ただ、松本の術中にハマって黒星を喫したが、ティティパンや小塚、伊藤涼太郎が2試合連続スタメンに名を連ねたことや、85分にユース育ちの高畑奎太がJデビューを飾ったことなど明るい話題もあった。
 
 今季はまだ32試合も残っている。6日から始まるルヴァンカップを含めると38試合もある。攻撃面の課題を洗い出せたことをポジティブに捉えても良い時期だ。「ルヴァンカップまでに修正したい」と語った藤本を含め、チームは次のステップに向けて前進し始めている。
 
取材・文●平井瑛子(サッカーダイジェスト編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月14・28日合併号
    4月23日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人が選ぶ
    Jリーグ歴代
    ベストイレブン
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ