【松本】昨季2連敗の相手を徹底研究。「昇格組」対決を制して次なるステップへ

カテゴリ:Jリーグ

平井瑛子(サッカーダイジェスト編集部)

2019年03月03日

大分のシステムチェンジにも「2トップにしてくれてむしろ助かった」と的確に対応

「練習は嘘をつかない。J1の中でも激しくてしんどい練習をしているのはうちくらい」と日々の積み重ねの手応えも語った。(C)J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

[J1リーグ2節]大分0-1松本/3月2日/昭和電ド
 
 今シーズンをドローで発進した松本。一方、ともに昇格した大分は開幕戦でアジア王者を破る大金星を挙げ、話題をさらった。この1週間、反町康治監督は昨季を同じカテゴリで過ごした大分に対して、万全の準備をしてきたという。
 
 昨シーズン、両チームはJ2で首位と2位の座を激しく争った。最終的には松本が優勝したが、ホーム、アウェーともに大分に白星を譲っている。「松本から大分への移動が身体に堪え、動きが重たくなってしまった昨年の事例を改善したかった」とその雪辱を晴らすために、指揮官は2日前に大分入りし、徹底的に大分対策に取り組んだのである。
 
 その成果が出たのか、松本は徹底的な守備で大分を苦しめ、50分に永井龍が先制ゴールを決めた。松本の守備をなかなか切り崩せない大分が従来の1トップから2トップへとフォーメーションを変更してきたが、反町監督はその戦術変更も折り込み済であったかのようにこう答えた。
 
「やりにくいというのはなく、2トップにしてくれてむしろ助かった。ここでは具体的には明かしたくないけれど、大分の戦術がより理解できたからね」

 貴重な勝点3を掴み取った松本には次節以降、浦和、広島、川崎といった強豪クラブとの対戦が待ち構えている。
 
「ビッグクラブとの試合をとても楽しみにしている。実力のあるクラブとの試合を乗り越えていかないと力はつかない。総力戦でやっていきたい」
 
 ライバルに勝利して弾みをつけた松本。用意周到な指揮官が「ビッグクラブ」との対戦に向けてどんな対策を準備するのか見ものだ。
 
取材・文●平井瑛子(サッカーダイジェスト編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ