スーパーサブ赤﨑秀平の2ゴールでC大阪を撃破!開幕2連勝の名古屋が首位をキープ

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年03月02日

赤﨑が途中出場で勝負を決める2ゴール

C大阪も終盤に柿谷(右)がチャンスを迎えたが、ゴールを奪うまでには至らなかった。写真:川本学

画像を見る

[J1リーグ2節]名古屋2-0C大阪/3月2日/パロ瑞穂
 
 J1リーグ2節の名古屋グランパス対セレッソ大阪が2日、パロマ瑞穂スタジアムで行なわれ、2-0で名古屋が勝利した。
 
 開幕戦を白星で飾った両雄の対戦は、名古屋が持ち前のパスワークを生かしてボールポゼッションで優位に立ち、それをC大阪が受け止めてカウンターを狙う展開になる。
 
 名古屋はボランチのシミッチと米本拓司が最前線のジョーにくさびを打ち込み、そこに2列目が絡んで崩しにかかる。さらに、時折ロングフィードも交え、C大阪に守備の狙いを絞らせない。
 
 一方のC大阪は、粘り強く守備のバランスを保ちながら徐々に盛り返し、後半に入るとソウザの果敢な攻撃参加から都倉賢が惜しいヘディングシュートを放つ。中盤にスペースが生まれ始めた試合終盤は、カウンターでゴールに迫るシーンも増えた。
 
 そうして迎えた79分、ついに試合の均衡が崩れる。決定的な仕事をやってのけたのは、名古屋の赤﨑秀平だ。バイタルエリアで縦パスを受けたこのストライカーは、ワントラップで前を向くと、すかさず左足でループ気味のシュートを放つ。これがGKキム・ジンヒョンの頭上を抜け、鮮やかにネットを揺らした。
 
 さらに赤﨑は、試合終了間際の90+2分に相手のパスミスを奪ってそのままエリア内に持ち込み、右足で豪快に2点目を叩き込んだ。
 
 途中出場の切り札が結果を出した名古屋は、2点のリードを保って時計の針を進め、そのまま2-0で試合終了。4-0で大勝した開幕の鳥栖戦に続くクリーンシートで開幕2連勝を飾り、暫定ながら首位をキープした。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月19日発売
    現役監督が「ビッグ12」の
    戦力を採点&格付け
    「CL完全読本」
    全32チーム選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ