パトリック、川又の両エースが不発に終わり、大久保も沈黙。広島対磐田はスコアレスドローに

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年03月01日

広島のGK大迫がファインセーブで2点を防ぐ

大久保は献身的に守備に貢献したが、ゴール前で存在感を放つことはできなかった。写真:徳原隆元

画像を見る

[J1リーグ2節]広島0-0磐田/3月1日/Eスタ
 
 J1リーグ2節のサンフレッチェ広島対ジュビロ磐田が1日、エディオンスタジアム広島で行なわれ、0-0の引き分けに終わった。
 
 広島はエースのパトリックが今季初スタメン。磐田も前節ベンチスタートだったエースの川又堅碁が先発に名を連ねた。
 
 試合はスコアレスで前半を折り返し、迎えた51分に広島がチャンスを作る。CKに合わせたパトリックのヘッドがゴール前に転がり、このボールにエミル・サロモンソンが反応。難しい体勢から放ったシュートはしかし、大きく枠を外れた。
 
 広島はその後も執拗にサイドからパトリックを狙ってクロスを送り、磐田ゴールを脅かす。

 一方の磐田は59分、カウンターでアダイウトンがゴール前まで持ち込み、DF佐々木翔をかわして決定的なシュートを放ったが、GK大迫敬介の好セーブに阻まれる。直後には山田大記のクロスに川又がヘッドで合わせるも、当たり損ねてゴールマウスを捉えられない。
 
 アディショナルタイムには、磐田の荒木大吾がドリブルでエリア内に侵入してシュートを放ったが、またも広島のGK大迫がファインセーブでしのぐ。結局、そのまま0-0で試合は終了。互いに最後まで高い集中力を保ち、ゴールを許さなかった。これで広島、磐田ともに開幕2試合連続での引き分け。今季初白星はお預けとなった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ