【川崎】シュート19本で1得点ならもっと打て?不発に終わった攻撃陣に鬼木監督も嘆き節

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年03月01日

「シュートを打つところに拘らないといけない」(鬼木監督)

何度もゴール前へと迫った川崎。しかし、この日は決定力不足に泣かされる結果に。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 相手の倍以上となるシュートを放ちながらも、川崎のゴールは中村憲剛の直接FKで奪った1得点のみ。勝ち切れなかった一戦を振り返り、鬼木達監督が強調したのは今以上にゴールへ向かう姿勢だった。

【PHOTO】川崎×鹿島|“金J”を彩ったサポーターたち!

 川崎は鹿島を向こうに回し、序盤から攻勢を仕掛けていく。9分には中村がネットを揺らし、早い段階で優位に立った。だが、21分に一瞬の隙を突かれ、鹿島の伊藤翔に同点弾を献上。以降は何度も相手ゴールへと迫り、アタッカー陣は勝ち越し点を奪うべく貪欲にシュートを放った。

 元セレソンのレアンドロ・ダミアン、一昨年のJ1得点王・小林悠、昨季のMVPである家長昭博。彼らがトップ下の中村憲剛、ボランチの大島僚太の援護を受けながら、幾度も危険な場面を作り出した。

 最終盤に入ると、さらに攻撃のギアが上がって怒涛のラッシュを展開。ゴールは入っても不思議ではなかった。終了間際には家長が意表を突くミドルシュートを放つが、相手GKクォン・スンテの好セーブに阻まれてしまう。結局、最後までゴールを奪えず、リーグ戦初勝利は次節以降に持ち越しとなった。
 

 試合後、鬼木監督はフラッシュインタビューに応え、「最初はいい形で取れましたけど、勝ち切らないといけないゲームだったと思います」と唇を噛んだ。
 
 とりわけ、指揮官が指摘したのは、「押し込んだ状態で戦っていますけど、相手にとって一番何が怖いのかを考えて欲しい」という攻撃面。何度もゴール前に迫りながらも1得点に終わり、19本ものシュートを放ったとしてもまだまだ打てる場面があったと話す。
 
「シュートを打つところに拘らないといけない。まだまだ足りない。チャンスを逃していると思うので、そこは突き詰めていきたい」
 
 開幕から2試合連続で引き分けに終わったJ1王者。ここまで1得点しか奪えていないだけに、次節こそ攻撃陣の奮起が求められる。

【PHOTO】川崎×鹿島|“金J”を彩った美女サポーターたち!

【川崎 1-1 鹿島 PHOTO】2万4千人が観戦!王者対決は勝敗つかず、内田篤人がクォン・スンテを称える

【TRF PHOTO】ボーイミーツガール♪サバイバルダンス♪等々力を一つにしたYU-KIとDJ KOO!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月21日発売
    課題はこれで解決!
    欧州ビッグクラブ
    「冬の改造プラン」
    FOOTISTAシリアルコード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ