長崎が長谷川の決勝弾で白星スタート!手倉森新監督も会心のガッツポーズ

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年02月24日

終了間際の90分に豪快ボレーでゴールを射抜く!

74分に途中出場した長谷川が大仕事!長崎を勝利に導いた。写真:徳原隆元

画像を見る

 J2リーグ1節のV・ファーレン長崎対横浜FCが24日、トランスコスモススタジアム長崎で行なわれ、長崎が1-0で開幕戦を飾った。
 
 試合は緊迫して展開が続き、試合終盤までスコアレスで推移していたが、87分に横浜FC の田代真一が一発レッドで退場すると、試合が動く。直後の90分、角田誠のミドルがDFに当たってエリア内にこぼれると、この浮き球に長谷川悠が素早く反応し、ダイレクトボレーでゴールに突き刺した。
 
 これが決勝点になり、長崎が1-0で勝利。殊勲の長谷川はフラッシュインタビューで「個人的に去年の年末にサッカーを続けられないかもという状況だったので、このチームに呼んでもらってめちゃくちゃ感謝しているし、プレーで恩返ししたいと思っていた。監督も期待してくれているし、会社も素晴らしい環境でキャンプをやらせてもらって、今日も素晴らしいサポーターが熱い応援をしてくれて、とても感動してスタートしたが、ゴールという結果で応えられて本当に良かった」と感謝の言葉を並べた。

 長崎の手倉森監督も「堅い試合になって初ゴールまで88分間待たせてしまいましたが、目指していたのは勝点3なので、みんなで勝利を分かち合えるのが最高です」。1年でのJ1復帰を目指す長崎が、好スタートを切った。
 
【関連記事】
J1昇格へ勝負の年と位置付ける町田、開幕戦で東京Vを撃破!! 今季加入の富樫敬真が決勝弾!
驚異の個人能力! 名古屋を救ったジョー、説得力抜群の2ゴールと周囲の証言が示すその価値
クエンカ欠場に不慣れなフォーメーションも…思わぬ大敗も鳥栖のチャレンジは続く
開幕スタメンを飾ったFC東京・久保建英の評価は? 長谷川監督や川崎サイドからは称讃の声
「おはよう、トーキョー!」ビジャ一家が東京観光を満喫! 浅草に東京スカイツリーと巡り…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ