ELでナポリと対戦するザルツブルク、伊メディアは南野拓実を“要注意人物”のひとりに選定!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年02月23日

「ナポリにとって厄介な抽選」と報道。

ザルツブルク戦でナポリが警戒すべき選手として、イタリアメディアはこの南野の名を挙げている。(C)Getty Images

画像を見る

 UEFAは2月22日、ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント2回戦の組み合わせ抽選を行なった。南野拓実が所属するレッドブル・ザルツブルクは、イタリアのナポリと対戦する。

 近年のセリエAでユベントスとタイトルを争っている強豪ナポリだが、カルロ・アンチェロッティ監督はクラブ公式ツイッターで、「ザルツブルクは国際経験豊富な素晴らしいチームだ」と警戒した。

「つい数か月前にEL準決勝を戦ったことを思い出せば分かるだろう。今シーズンもヨーロッパリーグのグループステージでは6戦全勝だ。我々は素晴らしい2試合をしなければならない」

 衛星放送『Sky Sport』も、「ナポリにとって厄介な抽選」と報道。オーストリアでリーグ5連覇中の王者で、今シーズンもここまで無敗を貫き、2位に勝点14差をつけて6連覇に向かっていると紹介した。
 
 また個人では、ナポリが昨夏に獲得に動いたシュテファン・ライナーや、「コンスタントに得点する」「チームのスター」とムナス・ダブールを称賛。そのうえで、「ほかにも前線の選手に注意」と続け、南野を警戒すべき選手として挙げている。

『Sky Sport』は、一連のフォトギャラリーの中に南野単独の写真も加えたうえで、「24歳の日本人・南野拓実は、すでにリーグ優勝を4度経験。今シーズンはスマイル・プレブリャクと同じく11得点を記録している」と、日本代表FWを要注意人物のひとりに選んだ。

 ナポリとザルツブルクが対戦するのは初めてだが、『Sky Sport』によると、ナポリはかつてのインターシティーズ・フェアーズカップでオーストリアのチーム(ウィーンSC)と対戦し、ラウンドを突破した経験を持つ。

 だが、ザルツブルクは欧州での直近6試合で3勝2分け1敗と、イタリア勢との対戦で好成績を残している。名将アンチェロッティが率い、今大会の優勝候補にも挙げられるナポリだが、ザルツブルクも昨シーズンのELセミファイナリスト。南野を含めたチームの活躍が期待されるところだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月14・28日合併号
    4月23日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人が選ぶ
    Jリーグ歴代
    ベストイレブン
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ