【ACL速報】PK戦にもつれる激闘を広島が制す!3年ぶりにACL本戦行きが決定!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年02月19日

PK戦では相手が2本を外し、広島は運も味方に付けた

キャプテンマークを巻いた柏はサイドで奮戦した。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 アジア・チャンピオンズリーグのプレーオフ、サンフレッチェ広島対チェンライ・ユナイテッドの一戦は2月19日、広島のホーム、広島広域公園陸上競技場で19時から行なわれている。

 広島は日本代表の青山敏弘、守護神の林卓人を欠き、エースのパトリックもベンチスタート。中軸を欠くなか、城福浩監督は若手主体でこの一戦に臨む。

 システムは3-4-2-1を採用し、スタメンはGKに大迫敬介、最終ラインに左から佐々木翔、吉野恭平、荒木隼人を起用。中盤の底には松本泰志と川辺駿が並び、ウイングバックには左に柏好文、右にエミル・サロモンソン、シャドーには柴﨑晃誠と野津田岳人、最前線には皆川佑介が入った。

 試合は立ち上がりから広島のペース。柴﨑や野津田を軸にテンポよくボールをつなぎ、相手陣内へと攻め込む。しかし、この日はゴール前で精度を欠いてしまう。
 
 10分に皆川が獲得したPKを自ら蹴るも決め切れない。18分には立て続けにCKとFKを得るも、決定機には結び付かず。その後も何度も敵陣へと迫ったが、最後のところでラストパスが合わずに時間だけが経過。広島は試合を支配しながらもネットを揺らせず、タイのFAカップ王者チェンライ・Uに対して前半を0-0で終えた。
 
 迎えた後半も広島は猛攻を仕掛ける。両ウイングバックのE・サロモンソン、柏も積極的に攻撃へ加わり、前半以上の勢いでゴールをこじ開けにいく。

 それでも今日の広島は得点に見放される。25分にE・サロモンソンのパスから柴﨑がミドルシュートを放つも、GKがファインセーブ。この流れからCKを獲得すると、途中出場の東俊希がゴール前に絶好球を供給。走り込んだ荒木がボレーで合わせるも、これはバーに嫌われてまたもやネットを揺らせない。

 均衡を破れないなか、城福監督は82分にパトリックを投入。エースの決定力に勝負の行方を託した。しかし、最後まで得点が奪えず、勝負の行方は延長戦に委ねられた。
 
 延長戦に入っても攻め続ける広島。パトリックの高さを生かすべく、東や柏がクロスをゴール前に入れるが、チャンスにはつながらない。

 そして、迎えた119分だ。柴﨑がシュートを放つと、相手DFに当たってボールはパトリックの前へ。これを押し込んで一度はゴールと認められたが、オフサイドの判定。広島の選手たちも詰め寄ったものの、判定は覆らずにゴールを逃した。

 このまま試合はPK戦へ突入。チェンライ・Uは2人目と3人目が連続で失敗すると、広島は4人目の川辺駿がバーにシュートを当てたものの、その他の4人が決めて勝利を掴んだ。

 何とか勝利を挙げた広島は、3年ぶりにアジア・チャンピオンズリーグの本大会行きを決めた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト5月23日号
    5月9日発売
    2019年シーズン
    J1&J2序盤戦総括
    全1250選手「通信簿」
    高校サッカー別冊付録も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月16日発売
    WSD恒例企画
    2018-2019シーズン
    「BEST PLAYER」
    マンC優勝記念ポスターも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ