【平畠啓史のJ1順位予想】外国籍枠の拡大が順位に影響しそう。夏のマーケットも鍵か

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2019年02月19日

序盤と終盤では順位が大きく変動する可能性も

充実の戦力を揃えた浦和、川崎、鹿島が上位に来るはずだ。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 2月22日に、いよいよ今季のJ1リーグが幕を開ける。群雄割拠の2019年シーズンを制するのはどのチームか。お笑いタレントで芸能界屈指のサッカー通として知られる平畠啓史氏に今季の順位を予想してもらった。
 
●平畠啓史(Jリーグウォッチャー)
 外国籍選手の枠が3人から5人へ拡大したことにより、良質な外国籍選手の獲得、活用が順位に影響しそうな気がする。夏の移籍マーケットでの動きやラグビーワールドカップ開催によるホームスタジアム使用の影響で、序盤と終盤では順位が大きく変動する可能性も。
 

●順位予想
1位:川崎
2位:浦和
3位:鹿島
―▲ACL出場圏内―
4位:札幌
5位:FC東京
6位:広島
7位:G大阪
8位:神戸
9位:名古屋
10位:湘南
11位:清水
12位:C大阪
13位:横浜
14位:仙台
15位:磐田
-▼J1参入プレーオフ出場圏内-
16位:大分
-▼自動降格圏内―
17位:鳥栖
18位:松本

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ