【浦和】新助っ人エヴェルトンが「改善していく必要がある」と明かす攻撃面の課題は?

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェストWeb)

2019年02月16日

ポジティブな感覚も掴んでいる

川崎戦ではアンカーで出場。本来は2列目が主戦場とあって困惑していた印象だ。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[富士ゼロックス・スーパーカップ]川崎 1-0 浦和/2月16日/埼玉スタジアム2002

 浦和は富士ゼロックス・スーパーカップで川崎に0-1で敗戦。今季最初のタイトル獲得のチャンスを逃した。

「非常に素晴らしい雰囲気の中でプレーをさせてもらいましたけど、期待されるものをしっかりとピッチの中で見せることが出来なくて、本当に残念だと思っています」

 試合後にそう悔しがったのは、今季ポルトからレンタルで加入したブラジル人MFエヴェルトンだ。

 浦和での公式戦デビューを果たしたエヴェルトンだが、この日は主戦場の2列目ではなく、アンカーで出場。求められた仕事は、左腕を負傷している青木拓矢の代役だった。

 不慣れなポジションを任されたうえに、ここまで対外試合はキャンプ中の沖縄SV戦のみとあって、試合中にはポジショニングに困惑していた印象だ。寄せが甘く、中村憲剛、大島僚太、守田英正といった川崎の中盤に主導権を握られた。
 
 さらに本人が語った課題は攻撃面にある。

「川崎はつなぐチームだというのは分かっていたので、守備的なゲームプランを考えていました。なのでボールを奪った時には落ち着いて、相手がラインを押し上げたスペースに対して、抜け出しや突いていくことを一番意識していました。ただ残念ながらそういった危険な抜け出しはあまりできなかったと思いますし、そこを改善していく必要があります」

 もちろん今季初めての公式戦で、いきなり合わせるのは難しい。時折、柏木や長澤らとテンポの良いパス交換を見せたものの、ゴール前に出ていくような積極性は欠いていた。

 もっとも、本来の適性である2列目で起用され、さらに周囲との呼吸が合ってくれば、前線に飛び出す余裕も出てくるだろうし、そのタイミングも掴めるだろう。

「(柏木、長澤とは)うまく連係が取れてきていると思います。日に日に良くなっていくものなので、もっと良くしていきたいですね」

 ポジティブな感覚も掴んでいるのは頼もしい。この新助っ人がいまだ調子を掴み切れていないチームのなかでどう絡んでいくのか、注目したい。

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ