【ゼロックス杯】川崎が今季一冠目!! 新戦力レアンドロ・ダミアンの一発で浦和を撃破!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年02月16日

昨季MVPの家長のクロスからチャンスが生まれる

新加入のレアンドロ・ダミアンが先制点を奪った。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 Jリーグの新シーズン開幕を告げるFUJI XEROX SUPER CUP 2019が2月16日、最多増ジアム2002で行なわれ、川崎フロンターレが浦和レッズを1-0で破り、今季最初のタイトルを手にした。

 ともに注目の新戦力がスタメンに名を連ねた。川崎は元ブラジル代表のレアンドロ・ダミアン、移籍したエウシーニョの後釜として獲得した右サイドバックのマギーニョが先発。一方の浦和は、C大阪から移籍した杉本健勇のほか、アンカーにはポルティモネンセから加入したエヴェルトンが起用された。

 ともに慎重な入りを見せた試合は、川崎がボールを保持するものの、浦和も堅いブロックで隙を見せない。最初にチャンスを掴んだのは浦和。22分、セットプレーから槙野智章が頭で狙ったが、わずかにゴール右にそれた。

 25分を過ぎると、川崎も浦和ゴールに圧力を強める。29分にL・ダミアンのラストパスから小林悠が右足で狙うも、シュートはわずかにバーの上へ。さらに31分にはセットプレーから車屋、谷口とつないで押し込んだが、オフサイドの判定でノーゴールに。38分にも小林のクロスからL・ダミアンがヘディングでネットを揺らしたが、これもオフサイドとなり、得点には至らなかった。

 前半を0-0で折り返した後半立ち上がり、スコアが動く。均衡を破ったのは、新戦力の一発だった。川崎は52分、昨季MVP家長昭博からのクロスでチャンスを広げ、こぼれ球に反応したL・ダミアンが強烈な左足ボレーを叩き込む。川崎が先制点を奪った。

 その後、浦和は新加入の山中亮輔や、レフティのマルティノスを投入するなど反撃態勢を見せるも、ゴールチャンスは訪れず。結局、川崎がレアンドロ・ダミアンが挙げた1点を守り切って浦和を下し、今季一冠目となるタイトルを手にした。

 川崎は次週のリーグ開幕戦で、ホームでFC東京と対戦。一方の浦和はアウェーでベガルタ仙台と対戦する。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月24日発売
    総勢40名が選ぶ!
    J1前半戦
    MVP&ベストイレブン
    「司令塔」特集も必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ