「奴らはいつも盗人」「酒でも飲んでたのか!?」 VAR判定に泣いたアトレティコ・ファンは激怒! シメオネの見解は?

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年02月10日

3度もVARに泣かされ…

高いモチベーションをもってこの一戦に臨んだシメオネ。はたして、1-3での敗戦に何を思ったか? (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間2月9日にワンダ・メトロポリターノで行なわれたマドリード・ダービー(ラ・リーガ第23節)は、3-1でレアル・マドリーがアトレティコ・マドリーを撃破した。

 リーグ優勝の行方にも関わる重要な一戦で主役となったのは、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)だった。とりわけアトレティコは、これに泣かされることになった。

 まず、最初にVARがその力を発揮したのは、1-1で迎えた40分だ。アトレティコのウルグアイ代表DFホセ・ヒメネスとマドリーのブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールが接触。両選手がぶつかったのは、ペナルティーエリア外だったように見えたが、VAR判定の末にPKとなり、これをセルヒオ・ラモスが決めた。

 そしてマドリー1点リードで迎えた54分には、アトレティコのアルバロ・モラタが、味方からのロングフィードに抜け出し、鮮やかなループシュートでゴールネットを揺らしたものの、VARによってオフサイドと判定される。

 極めつけは67分だ。モラタがエリア内で倒れた場面でまたもVARに判定が委ねられ、ノーファウルとして、アトレティコにPKは与えられなかった。

 試合後、アトレティコのサポーターたちは当然、一連の判定に対して怒りと不満を爆発せた。

 ゲーム中も終始、主審にブーイングを浴びせていた彼らは、試合後にスペイン紙『Marca』の取材に応じ、「奴らはいつだって盗人。対戦するたび、俺らから全てを奪うんだ。マドリーと戦うことは、あらゆる厳しさに対抗することだ。VAR? あれは酒でも飲んでたんじゃないのか?」と、宿敵や審判らに辛辣な言葉を浴びせた。

 しかし、そんなファンとは裏腹に、指揮官は素直に敗北を認めている。試合後の会見でアトレティコのディエゴ・シメオネ監督は、「我々は負けたんだ。今日の結果には納得がいく」と語り、さらにVARへの見解も口にした。

「普段はVARについて話さないが、あれが確実に向上し、全ての人にとって効率的になることは確かだと思っている。VARで用いられるリプレイを、私は観られない。だから、決定には間違いがないと思うしかない。判定のせいで負けたとは思っていない。マドリーが、私たちを上回った。素晴らしい試合をした彼らを祝福し、次に備えるよ」

 宿敵に競り負けたことで3位に後退したアトレティコ。1試合未消化の首位バルセロナとの勝点差は、これで6となった。次節以降の戦いに気持ちを切り替え、再びライバルたちを脅かすことができるか。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月28日号
    11月14日発売
    冬の移籍マーケット
    Jリーガー、欧州組etc
    注目株30人の
    「去就大予測」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月21日発売
    課題はこれで解決!
    欧州ビッグクラブ
    「冬の改造プラン」
    FOOTISTAシリアルコード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ