「日本を代表して戦った以上…」堂安律が熱く決意表明! 悔しさが募る“決勝写真”も掲載

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年02月06日

「この敗戦が良かったと思える事は正直この先ない」

アジアカップ決勝の悔しさを糧に、どのような飛躍を遂げるのか。堂安はSNS上で捲土重来を誓った。(C)Getty Images

画像を見る

 日本代表MF堂安律が自身のインスタグラムを更新。ファンに向けて、アジアカップ閉幕後初となるメッセージを発信した。

 強い気概とともに綴ったのは、こんな文章だ。

「日本を代表して戦った以上この敗戦が良かったと思える事は正直この先ないと思う。だけど無駄にするかしないかは自分次第。もっと上手く、そして強くなります。素晴らしい応援ありがとうございました」

 アジアカップにおける森保ジャパンは尻上がりに調子を上げ、準決勝で優勝候補筆頭のイラン代表を3-0で撃破。カタール代表との決勝も下馬評は「日本有利」だったが、蓋を開けてみればカタールの用意周到なゲームプランに翻弄され、1-3の完敗を喫した。堂安は全7試合中6試合で先発を飾り、トルクメニスタン戦とベトナム戦で1ゴールずつを挙げたが、肝心のファイナルではほぼ見せ場を作れなかった。

 
 メッセージとともに掲載したのが決勝での象徴的なワンカットだ。歓喜に揺れるカタール代表の前で呆然とピッチに立ちすくむ自身の姿──。あえて悔しさがこみ上げる写真を載せ、ひとつの決意表明としていることが窺える。投稿欄にはフォロワーから激励のエールが多数寄せられた。

 ふたたびオランダのフローニンヘンに戻り、リスタートを切る若き俊英。チームはいまだ降格圏ギリギリで喘いでいるだけに、ようやくのエース帰還にサポーターも大きな期待を寄せている。まずは2月10日日曜日、ホームで行なわれるフィテッセ戦でのパフォーマンスに注目だ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月23日号
    1月9日発売
    天皇杯優勝記念
    ヴィッセル神戸特集
    J1&J2全40クラブ
    2020冬の補強考察も
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ