• トップ
  • ニュース一覧
  • 「会いたくない。二度とごめんだ…」プレミアリーグで試合を中断させた不吉すぎる“招かれざる客”って?

「会いたくない。二度とごめんだ…」プレミアリーグで試合を中断させた不吉すぎる“招かれざる客”って?

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年02月03日

大胆にピッチ上で振る舞った“客”とは?

少し困惑する選手たちをよそにピッチを縦横無尽に走り回った黒猫。その存在が大きな話題となっている。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間2月2日、プレミアリーグ第25節が行なわれ、本拠地クディソン・パークにウォルバーハンプトンを迎えたエバートンは1-3で敗れた。

 この試合後、その結果以上に話題となったのは、試合中にピッチを駆け回った珍しい乱入騒動についてだ。ウルブスが66分にダメ押しの3点目を奪ったその2分後、ピッチの右端から突如として、一匹の黒猫が乱入したのである。

 突然の出来事にもちろん試合は中断。思わず苦笑いを浮かべ、戸惑いを見せる選手たちをよそに、黒猫は大胆にピッチを横断。時折、足取りを止めては、スタンドに自分をアピールするかのように振る舞った挙句、スタンドの外へと逃げていった。

 ヨーロッパにおいて黒猫は不吉なことが起こる前兆とされているため、このシーンを英衛星放送『Sky Sports』で見ていたファンは、ツイッターなどのSNSで「これは最悪な事態が起こる前ぶれだ。監督とピッチの管理人をクビにしろ」や「エバートンの興味深い契約だ。あの黒猫は両軍に影響をもたらすぞ」といった皮肉めいたコメントが相次いだ。
 
 また黒猫を近くで見てしまった“当事者”も嘆きの声を上げている。ウルブスのポルトガル人監督であるヌーノ・エスピリト・サントは、試合後の『Sky Sports』のインタビューで次のように漏らした。

「今日のチームのことは誇りに思うよ。ただ、私の国では黒猫は不吉の象徴だからね……。二度とごめんだ。彼には会いたくないよ(笑)」

 ただ、黒猫の登場を最も嫌ったのは、エバートン側かもしれない。プレミアリーグの直近10試合で6敗目(3勝1分け6敗)を喫した彼らは、順位も9位に下げてしまった。

 もっともイングランドでは、黒猫は幸運の象徴として考えられている。そのことを思えば、エバートンはここから復調していくのかもしれない。ウルブスも含めて、彼らのここから先の戦いぶりに注目したいところだ。
【関連記事】
「格が違う!」「明るい未来が見えた」今冬にチェルシー移籍のイグアインが圧巻の2ゴール! 辛口指揮官も饒舌に…
「君にこの金メダルを捧げたい」新王者カタールの“10アシストMF”を支えた、いまは亡き親友への想い|アジア杯
「中島翔哉のパリ行きはあり得ない」仏レキップ紙のパリSG番記者が断言!
「日本は中途半端」「あまりに簡単にゴールを許した」韓国メディアが森保ジャパンの敗因を厳しく指摘
最高点は南野! 痛恨ハンドの吉田は…アジア杯決勝の森保ジャパン全選手を海外メディアが採点

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ