「会いたくない。二度とごめんだ…」プレミアリーグで試合を中断させた不吉すぎる“招かれざる客”って?

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年02月03日

大胆にピッチ上で振る舞った“客”とは?

少し困惑する選手たちをよそにピッチを縦横無尽に走り回った黒猫。その存在が大きな話題となっている。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間2月2日、プレミアリーグ第25節が行なわれ、本拠地クディソン・パークにウォルバーハンプトンを迎えたエバートンは1-3で敗れた。

 この試合後、その結果以上に話題となったのは、試合中にピッチを駆け回った珍しい乱入騒動についてだ。ウルブスが66分にダメ押しの3点目を奪ったその2分後、ピッチの右端から突如として、一匹の黒猫が乱入したのである。

 突然の出来事にもちろん試合は中断。思わず苦笑いを浮かべ、戸惑いを見せる選手たちをよそに、黒猫は大胆にピッチを横断。時折、足取りを止めては、スタンドに自分をアピールするかのように振る舞った挙句、スタンドの外へと逃げていった。

 ヨーロッパにおいて黒猫は不吉なことが起こる前兆とされているため、このシーンを英衛星放送『Sky Sports』で見ていたファンは、ツイッターなどのSNSで「これは最悪な事態が起こる前ぶれだ。監督とピッチの管理人をクビにしろ」や「エバートンの興味深い契約だ。あの黒猫は両軍に影響をもたらすぞ」といった皮肉めいたコメントが相次いだ。
 
 また黒猫を近くで見てしまった“当事者”も嘆きの声を上げている。ウルブスのポルトガル人監督であるヌーノ・エスピリト・サントは、試合後の『Sky Sports』のインタビューで次のように漏らした。

「今日のチームのことは誇りに思うよ。ただ、私の国では黒猫は不吉の象徴だからね……。二度とごめんだ。彼には会いたくないよ(笑)」

 ただ、黒猫の登場を最も嫌ったのは、エバートン側かもしれない。プレミアリーグの直近10試合で6敗目(3勝1分け6敗)を喫した彼らは、順位も9位に下げてしまった。

 もっともイングランドでは、黒猫は幸運の象徴として考えられている。そのことを思えば、エバートンはここから復調していくのかもしれない。ウルブスも含めて、彼らのここから先の戦いぶりに注目したいところだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月14・28日合併号
    4月23日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人が選ぶ
    Jリーグ歴代
    ベストイレブン
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ