苦戦を強いられた理由は2失点だけではない。大迫勇也が明かす混乱に陥った前半の舞台裏|アジア杯

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年02月02日

相手の布陣を読めず、前線からのプレスが機能不全に

チームリーダーとして自身の力量不足を嘆いた大迫。この敗戦を糧とし、今後に生かせるか。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[アジアカップ・決勝]日本 1-3 カタール/2月1日/ザイード・スポーツシティ・スタジアム
 
 鮮烈なオーバーヘッド弾に強烈なミドル。日本は前半に叩き込まれたふたつのスーパーゴールでゲームプランを崩された。相手の運動量が落ちた影響で、後半は攻撃の時間帯が増加。69分に南野拓実の得点で1点差に迫った。だが、83分にビデオ・アシスタント・レフリー(VAR)によって吉田がハンドを取られ、PKで失点。年明けから始まった日本の冒険は準優勝で終わりを告げた。
 
 中3日の日本と中2日のカタール。そうした状況を踏まえ、戦前の予想は日本有利の見方も少なくなかった。では、なぜ求めていた結果は掴めなかったのか。試合後、大迫勇也が敗因について口を開いた。
 
「修正はできたのですが、0-2になってからだったので遅かった」

 大迫が指摘したのは2失点を喫するまでの内容だ。
 
「相手が4バックか5バックか。どう来るか分からない状況で、自分たちが後手に回ったのは事実。そこは本当に反省しないといけない」
 

 最終ラインをどう組んでくるのか。日本はカタールの布陣を読み切れず、試合の入りから混乱に陥った。その結果、高い位置からのプレスがハマらず、探っている間に2失点。「プレッシャーの掛け方は一番ハマらなかった。サイドがずっと数的優位な状況で、そこで真ん中に人数が足りない状況が起こってしまった」と、大迫は守備の修正を図れなかった点を悔やんだ。
 
 相手の布陣が読めないゲームは往々にしてある。だからこそ、大迫は言う。
 
「アジアの中では勝っていくチーム力はあるけど、アジアの他の国も力を付けてきているのも事実。僕自身ももっともっとレベルアップしないといけないし、チーム全体として勝ち切れるようにならないといけない」
 
 大迫はカタール戦を教訓とし、勝ち切れるチームになると誓って大会を去る。

【日本代表PHOTO】日本1-3カタール|南野の今大会初ゴールで反撃の狼煙を上げるも追いつけず。2大会ぶりの優勝を逃す…

【サポ―ターPHOTO】UAEでは日本が人気!?決勝戦を盛り上げた両サポ―ター特集!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月21日発売
    課題はこれで解決!
    欧州ビッグクラブ
    「冬の改造プラン」
    FOOTISTAシリアルコード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ