「次負けたらなんの意味もないので」 司令塔の柴崎岳、強豪イラン撃破にも浮かれた様子は見られず|アジア杯

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月29日

「新体制になってから続けてきたことが出た試合」

落ち着いたボールさばきで中盤に落ち着きを与えていた柴崎。(C)Getty Images

画像を見る

 森保一監督率いる日本は、アジアカップ準決勝でイランと対戦。大迫勇也の2ゴールなどで3-0の勝利を飾り、見事に決勝進出を決めた。

 ボランチの一角に入り、司令塔として振る舞った柴崎岳は、「喜んでいないわけではないけど、この次に一番大事な試合があるので」と語ったうえで、冷静にイラン戦を振り返った。

「森保監督になってから続けてきたことが、しっかり出た試合だった。選手一人ひとりの意識も高かったですし、戦前は五分五分の試合になるとか、あるいはフィジカルで押されるだろうとかいろいろ予想される中で、いい意味で期待を裏切れたかと思います。僕たち選手にとっても自信になる試合でした」
 

 また、チームとして大会が始まって以来の好パフォーマンスを披露できたのは、イランが「ワールドカップ経験者を多数擁する高いクオリティーを誇るチーム」だった影響もあると、柴崎は語る。

「僕らが新体制になって、公式戦で当たる初めてと言っていいほどの強豪との試合だったので、そうした相手に良さを引き出してもらったというか、試合中に成長できたかなと思う部分はあります」

 不動の司令塔であり、現代表の核となりつつある柴崎だが、ファイナル進出に浮かれた様子は微塵もない。彼にとって、決勝はどんな意味を持つ舞台なのか。

「負けたらなんの意味もないものになりますし、タイトルを獲ってこそ、結果を出してこその世界なので。僕個人としてもそうですけど、日本代表チームとしても重要な意味を持つ試合になると思います」

 カタールとUAEの勝者と対戦するアジアカップ決勝は、日本時間の2月1日23時にキックオフとなる。

【日本代表PHOTO】日本3-0イラン|強敵イランを相手に大迫、原口の得点で3発快勝。2大会ぶりの優勝へ決勝進出を果たす

【サポ―ターPHOTO】熱く会場を盛り上げた美女、キッズ、日本サポ―ター特集!佐々木翔のそっくりさんも!?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ