「トッテナムでプレーする選手は分析済みだ!」チリ代表の智将、日本と韓国をまさかの勘違い!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月28日

かつて日本代表の監督候補にも挙がったベテラン指揮官

豊富な知識と確かな戦術眼で巧みにチームを作り上げるルエダ。日本の分析はこれからということなのだろうか? (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間1月24日、ブラジル・リオデジャネイロで今年6月から開催されるコパ・アメリカ2019の組分け抽選会が行なわれ、1999年のパラグアイ大会以来の参戦が決まっている日本は、ウルグアイ、チリ、エクアドルが同居するグループCに入った。

 同大会史上最多15回の優勝を誇るウルグアイ、3連覇に挑むチリ、そして国外クラブで活躍する実力者が中軸を担うエクアドルと、最激戦区といっても過言ではないグループに入った日本。ビッグタイトルが懸かった公式戦だけに、3か国とも本気モードでくることが予想されている。苦戦は避けられないだろう。

 そんななか、チリ代表の指揮官レイナルド・ルエダの日本に対する分析が話題を呼んでいる。地元紙『AND』によると、同指揮官は韓国と日本を勘違いするコメントを発したというのだ。

 ルエダは61歳のコロンビア人監督で、2015年2月にハビエル・アギーレ日本代表監督が解任された直後に、サムライブルーの指揮官になるのではないかとも噂された知将である。

 現役キャリアを終えた後にドイツのケルン体育大学に入学し、ドイツ語と体育学位を修得するなど博学で知られる指揮官で、“先生”の愛称で親しまれるルエダだが、今回のコパ・アメリカで日本と開幕節で対戦することが決まった際には、「非常に力のある相手であり強豪国だ」としつつ、次のように続けたという。

「日本人選手については何人か知っているよ。あの地震で中止になった親善試合の前、彼らの選手については分析したよ。とくにトッテナムでプレーしている選手についてね」
 
 ルエダが挙げたトッテナムには、現在、日本人選手は所属しておらず、どうやら韓国代表FWのソン・フンミンが日本人であると勘違いしたようだ。

『AND』によれば、同選手は昨年9月にチリと韓国が親善試合を行なった際にプレーしており、そこでルエダに強烈な印象を与えたため、今回のコメントに至ったのではないかと伝えている。

 大会3連覇に挑むチリにとって、“招待国”日本はあまり眼中にないということなのかもしれない。実際、『AND』の他に『La Cuarta』など複数のチリ・メディアは、今回の組み分けについて、「最大のライバルはウルグアイだ」や「アルゼンチンやブラジルが決勝で待っている」と伝えるところが大半で、森保ジャパンに対する警戒心は今のところ薄いようだ。

 なお、日本戦の日程は以下の通りだ。

第1戦:チリ戦(6月17日・会場サンパウロ)
第2戦:ウルグアイ戦(6月20日・会場ポルトアレグレ)
第3戦:エクアドル戦(6月24日・会場ベロオリゾンテ)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ