「日本の中盤は強力だ。でも…」サウジ戦を視察したベトナム代表監督に“秘策”あり!?|アジア杯

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月22日

「我々はわずかなチャンスも逃してはならない」

ベトナムではもはや国民的英雄のパク監督。準々決勝で日本代表の前に立ちはだかる。(C)Getty Images

画像を見る

 アジアカップのラウンド・オブ16、サウジアラビアとの壮絶戦をなんとか1-0でモノにした森保ジャパン。終盤は自陣に押し込まれる苦しい展開を余儀なくされたが、20分に冨安健洋のゴールで奪ったリードを粘り強く守り切り、ベスト8に駒を進めた。

 試合が行なわれたUAE・シャルジャのスタジアムには、日本が準々決勝で戦うベトナム代表のパク・ハンソ監督の姿もあった。前夜にヨルダンとのラウンド・オブ16をPK戦の末に制し、チームを12年ぶりのアジア8強に導いた韓国人指揮官である。

 2017年9月からベトナム代表を率いているパク監督。かつて韓国U-23代表や全北現代、尚武FCなどで指揮を執った60歳は、その熱いジェスチャーと底抜けに明るい性格で、昔から母国では人気者だった。昨年のアジア大会ではグループリーグ(第3戦)で日本に1-0で競り勝ち、ベトナムは決勝トーナメントでも快進撃。準決勝で韓国に敗れた際も、母国のファンやメディアから賛辞の声が後を絶たなかった。

 
 今回のアジアカップでも韓国ファンの注目の的となっているが、日本対サウジ戦後には報道陣の前に姿を現わし、森保ジャパンへの印象を正直に語った。

「我々(ベトナム代表)の持ち味はパワーだが、それだけで立ち向かおうとしても無理があるだろう。日本の選手たちはほとんどがヨーロッパでプレーしていて経験値が高いからね。とくに彼らの中盤は強力で、すべてのプレーとパスワークが正確だ。ただ、試合のなかではきっとどこかに小さな綻びが生まれるはず。我々はそのわずかなチャンスを逃してはならない。まあ、できるかぎりの分析はするよ。ガチンコ勝負になるね。大いにチャレンジしたいと思う」

 記者に「アジア大会で日本に勝ってますよね?」と問われると、「あれは22歳以下のチームで戦った結果だ。まるで話が違うよ」と笑い飛ばした。

 木曜日の日本戦には、ヨルダン戦の時と同様にベトナムから大応援団が駆け付けるだろう。そして、韓国のファンやメディアも味方に付けている。周囲のサポートを背に大胆策に打って出るか。日本撃破の秘策はあるのか。パク監督のベンチワークからも目が離せない。

【日本代表PHOTO】日本1-0サウジアラビア|アジア杯決勝T1回戦、負けたら終わりの一発勝負! 冨安の大会最年少ゴールで日本がベスト8進出

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ