「驚異的な粘り!」「黄金のゴールだ」アジア8強の森保ジャパンを独メディアが絶賛!|アジア杯

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月21日

「信じられない高打点のヘディング!」

苦しみながらも勝ちを拾ってきた日本。サウジ戦でも瀬戸際での勝負強さが光った。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 チーム一丸となって1点を守り切った森保ジャパンが、8強に名乗りを上げた。

 月曜日に行なわれたアジアカップ、ラウンド・オブ16で日本代表はサウジアラビアと対戦。序盤から敵の素早いパスワークに晒されるも、分厚い守備ブロックを構築してシュートにまでは持ち込ませない。すると20分、柴崎岳のCKから冨安健洋が豪快なストロングヘッダーを決めて先制。後半になると運動量が落ちて守備強度も一気に低減したが、サウジの猛攻を凌ぎ切って逃走劇を貫徹した。

 ベトナムとの準々決勝に駒を進めた日本。ドイツの老舗サッカー専門誌『Kicker』がサウジ戦の模様を速報し、以下のようにレポートしている。

「大会4試合目となった日本は、辛くも1点差で勝利した。立ち上がりからサウジアラビアのボール回しに苦しんでいたが、20分にガク・シバサキのコーナーからタケヒロ・トミヤスが信じられない高打点のヘディングでゴールを決め、均衡を破る。この黄金のゴールはトミヤスにとってサムライブルーで初めての得点となった」

 
 称えたのはやはり、日本の決死のディフェンスだ。「先制されてもサウジアラビアは焦ることなく攻勢を強め、後半は日本に反撃の余地さえ与えないほど押し込んだが、好機のことごとくを決め切れなかった」と記し、「日本は自陣ゴール前の最後の局面で驚異的な粘りを見せ続けた。1-0でなんとか逃げ切ったのである」と評した。

 酷暑に見舞われた激戦を制し、史上初となる5度目のアジア制覇にまた一歩前進。日本対ベトナムの準々決勝は中2日、1月24日に開催される。

【日本代表PHOTO】日本1-0サウジアラビア|アジア杯決勝T1回戦、負けたら終わりの一発勝負! 冨安の大会最年少ゴールで日本がベスト8進出

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月21日発売
    課題はこれで解決!
    欧州ビッグクラブ
    「冬の改造プラン」
    FOOTISTAシリアルコード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ