身内に敵が!? 韓国代表FWソン・フンミンがトッテナム・サポーターから人種差別の被害か

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月15日

SNSでの告発がきっかけとなって判明

プレミアリーグでも指折りのアタッカーであるソン・フンミンも人種差別の被害に……。しかも、相手が味方であるはずのトッテナム・サポーターだったようだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 トッテナムは、先月のアーセナル戦でピエール=エメリク・オーバメヤンに向けてバナナを投げたサポーターに4年間のスタジアム入場禁止処分を科した。だが、それから1か月と経たずして、再び人種差別問題が起きてしまった。ただ、今回被害に遭ったのは、対戦相手ではなく自軍の選手だという。ソン・フンミンだ。

 英公共放送「BBC」や米スポーツ・メディア『ESPN』によると、トッテナムはSNSでの告発を受け、ソン・フンミンに対する差別行為の調査に着手したという。

 SNSで告発した人物は、「15年にわたってサッカーにおいて人種差別を経験することはなかった。だが、今日(13日)のトッテナム戦はひどかった」と、0-1で敗れたマンチェスター・ユナイテッド戦で、問題行為があったと明かした。

 息子が横にいる中での差別行為に告発した人物は、「人種差別に立ち上がればなくなっていく。放置すれば悪化するだけだ」と憤慨。トッテナムに協力しているとし、対応したクラブは「素晴らしかった」と賛辞を寄せている。

「BBC」によると、トッテナムの広報は、「ホームエンドで起きたことだが、(人種差別をしたと)疑われている人物がトッテナムのサポーターかどうかはまだ確定できていない」と話した。

「クラブはあらゆる類の人種差別や反社会的行為を許さない。この点に関して我々は一切容認しない厳しい姿勢であり、下品で不快、低俗な振る舞いや言葉に対しては措置を講じる」

「ESPN」は、イングランド・サッカー協会も一連のツイートを把握しており、より詳細な情報を入手しようとしていると伝えた。なお、問題の試合にフル出場したソン・フンミンは、その後アジアカップ参戦のためにチームを離脱している。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ