「ユーベ移籍が『挑戦』? ふざけている」 イブラヒモビッチがC・ロナウドを辛辣に“口撃”!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月15日

なぜ、C・ロナウドを“口撃”!?

C・ロナウド(左)に苦言を呈したのは、かつてユーベに在籍したイブラヒモビッチ(右)だ。 (C) Getty Images

画像を見る

 ユベントスのクリスチアーノ・ロナウドは、「守備の国」イタリアでも1年目からネットを揺らし続けている。前半戦を終えたセリエAで14ゴールと得点ランク首位に立っている。

 9年を過ごし、数々の栄光を手にしたレアル・マドリーを去り、新しい国とリーグで戦うことを決めたC・ロナウドは、ユベントスへの移籍を「挑戦」と表現。ここまでは、それも順調なようだ。

 だが、かつてユベントスでプレーし、インテルやミランでもゴールを量産してきたロサンゼルス・ギャラクシーのズラタン・イブラヒモビッチは、C・ロナウドの「挑戦」を「挑戦」ではないと一蹴した。

 イタリア紙『Gazzetta dello Sport』が伝えたところによると、イブラヒモビッチは、『Voetbal Nieuws』で、「すでに戦力が整っており、セリエAで勝っていたチームに移籍したことを、彼は、『挑戦』と言っている。ふざけてるね」と述べた。

「ユーベに行くのは挑戦なんかじゃない。挑戦を求めていたのなら、数年前のユーベに行くべきだった。当時セリエBだったユーベをセリエAに戻し、再び王者とするためにね」

 2011年にOBのアントニオ・コンテを指揮官に招き、現在の本拠地アリアンツ・スタジアムが完成してから、セリエAで7連覇と今の黄金期を築いてきたユベントス。だが、その前は、2006年に不正スキャンダルが発覚し、クラブ史上初のセリエB降格を余儀なくされるなど、不遇の時期を過ごしていた。

 イブラヒモビッチは、国内で圧倒的な強さを誇り、欧州の舞台でも近年のチャンピオンズ・リーグで決勝に2度進むなど順風満帆なユーベに移籍しても、それは「挑戦」ではないと主張したのだ。

 ちなみに、不正スキャンダルの発覚までユベントスでプレーしていたイブラヒモビッチは、クラブとセリエBに降格することを受け入れず、2006年夏にライバルのインテルに移籍していたが……。いずれにしても、セリエAで2度の得点王を獲得したストライカーの言葉は辛辣だった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ