河野広貴が8年ぶりに古巣・東京Vへ"復帰"!J1昇格の切り札になれるか

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月13日

「どこに行ってもヴェルディの河野って言われてきました(笑)」

古巣復帰が決まった河野。切れ味鋭いドリブルを武器に東京Vの攻撃を活性化できるか。写真:田中研治

画像を見る

 J2の東京ヴェルディが13日、サガン鳥栖の河野広貴を期限付き移籍で獲得したと発表した。契約は2020年1月31日までの1年間。東京Vの下部組織で育った河野は、実に8年ぶりの古巣復帰だ。
 
 2007年に東京VでJデビューを果たした河野は、同年に韓国で行なわれたU-17ワールドカップにも出場。キレのあるドリブルを武器に攻撃を牽引し、グループリーグのハイチ戦で決勝点を挙げるなどスーパーサブとして奮闘した。東京Vでも瞬く間に主力に成長したが、12年に環境の変化を求めてライバルクラブのFC東京に活躍の場を移し、17年途中に鳥栖へ完全移籍していた。
「育てていただいたクラブに戻していただいて本当に感謝の気持ちでいっぱいです」
 
 東京Vの公式サイトでそう切り出した河野は、続けて「J2に落ちた時や、大好きなクラブを離れる時の葛藤は今でも忘れていません。移籍してどこに行ってもヴェルディの河野って言われてきました(笑)」とコメント。「また緑のユニホームを着てサッカーができること、本当に嬉しいです。必ずJ1に昇格しましょう。応援よろしくお願いします」と古巣のサポーターに挨拶した。

 東京Vは昨シーズンにJ1参入プレーオフの決定戦まで進出したが、惜しくもジュビロ磐田に敗れた。今季はその悔しさを晴らすリベンジのシーズンになるだけに、攻撃の起爆剤となり得る河野の"復帰"は、クラブにとって心強いものだろう。
【関連記事】
【移籍動向一覧】J1・J2・J3 新加入、退団、引退選手&監督動向まとめ(2/25現在)
【FC東京】「もったいない」。太田宏介が名古屋移籍の米本について心境を告白
【オマーン戦の予想スタメン】大迫の代役に推したいのは武藤!乾、遠藤の先発の可能性も?|アジア杯
【選手権決勝・展望】栄冠を掴むのは流経大柏か青森山田か?勝負のカギは三國と関川がしのぎを削る超高校級のエアバトルにあり
「新しい街に馴染んできたよ!」名手ビジャが家族5人で神戸・元町のアーケード商店街に登場!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月9日発売
    決定版がついに完成!
    2019年 J1&J2&J3選手名鑑
    55クラブを完全網羅
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月28日号
    3月14日発売
    7つのキーワードで読み解く
    ヴィッセル神戸
    「解体新書」
    松本山雅&横浜FC特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月7日発売
    2018-2019欧州サッカー
    「優良クラブ」ランキング
    もっとも費用対効果が高いのは?
    フットボールマネー最新事情
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ