「彼のプレーにはエクスタシーを感じた」地元メディアがMOMに選んだのは、大迫でも堂安でもなく…|アジア杯

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月10日

堂安との”双翼”は勝利を左右するとも

トルクメニスタン戦で2点に絡んだ原口。ロシアW杯で見せたスプリント、献身は健在だ。 写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 アラブ首長国連邦(UAE)で開催されているアジアカップ。2大会ぶり5度目の優勝を狙う日本代表は、現地1月9日に行なわれた初戦、トルクメニスタン戦に3-2で勝利した。

 日本はトルクメニスタンに先制点を奪われ、前半はリードされて折り返すという苦しい展開となった。しかし、後半に大迫勇也の2得点、堂安律の1ゴールで逆転。その後、PKで1点返され、勢いづいたトルクメニスタンの猛攻にあうが、耐え切って勝利を収めた。

 現地UAEメディアの『SPORT360』は、「日本の長所と短所が浮き彫りになった試合だが、勝ち切ったのは日本の実力だ」と報じた。また、この試合で最も活躍した選手には、ゴールを決めた大迫でも堂安でもなく、原口元気を選出している。

「原口元気は大迫勇也の1点目を演出する起点となり、日本の攻撃陣を牽引した存在だった。日本の左サイドハーフで躍動した8番は、ロシア・ワールドカップのラウンド16でベルギーを相手に2得点を奪ったチームでも活躍した存在である。

 原口は間違いなくこの日、彗星のような活躍をしたひとりだ。彼のプレーはエクスタシーを感じさせるものであり、サムライブルーを導き、彼自身も頬に笑みを浮かべながらプレーをする姿も見られた。彼の活躍によって日本は同点に追いつくことが可能になった。大迫の2点目を引き出す起点となったのも原口のカットインからだ。彼はこの日、日本代表における有効な攻撃をもたらす“供給者”だった」

 ほかにも、原口は「右サイドハーフの堂安との“双翼”としてエキサイティングなサイド攻撃を展開することができる。日本代表の命運はこのふたりの出来が握っているだろう。少なくともトルクメニスタン戦では原口が十分な働きをした」と絶賛されている。

 日本代表の攻撃にスイッチを入れる、頼れるベテランとして注目されている原口。13日に行なわれる第2戦のオマーン戦でも活躍が期待される。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月5日発売
    欧州サッカーの1年を凝縮!
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の保存版をお届け
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月27日号
    6月13日発売
    久保建英は欧州へ旅立つ?
    「夏の㊙移籍ファイル」
    テーマ別に総チェック!
    大宮&大分特集も必見
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月6日発売
    欧州強豪の思惑は?
    夏の移籍マーケット最前線
    コパ・アメリカ選手名鑑に
    マンC特別付録も必見!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ