薄氷の初戦勝利を森保監督が総括「先制されてもプレーすることを止めなかった」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月09日

試合内容には課題が山積みだが…

森保監督は「すべての部分で改善して成長しながら勝っていくということをこの大会で掲げている」とアジアカップのテーマを語った。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[アジアカップ・グループリーグ第1戦]日本 3-2 トルクメニスタン/1月9日/アルナヒヤーン・スタジアム

 アジアカップの初戦でトルクメニスタンと対戦した日本代表が、3-2で逆転勝利を収めた。
 
 立ち上がりからポゼッション率で優位に立った日本だったが、パスミスを繰り返してなかなか攻撃のリズムを作れない。そうして迎えた26分、トルクメニスタンのアマノフに豪快なミドルを決められて先制点を献上。嫌な空気が漂った。
 
 しかし、森保ジャパンは後半に入ると一転して息を吹き返す。まずは56分に大迫勇也が同点弾を沈めると、その4分後にも大迫が同点弾。さらに、71分に堂安律が決勝点となる3点目を決めた。その後は、79分にトルクメニスタンにPKを決められて1点差まで詰め寄られたが、最後は守備陣が踏ん張って3-2で試合を終わらせた。
 試合後のフラッシュインタビューに応じた森保一監督は、薄氷の白星を振り返って、「初戦は難しい戦いになると思っていました。これがこの大会の難しさかなと思っています」と第一声。そして、「先制されても選手たちがプレーすることを止めずにチームとして戦い続けてくれて、今日ここに来られているサポーターの皆さんや日本で応援してくださっているサポーターの皆さんに、まず勝利を届けられて良かったと思います」と勝利を喜んだ。
 
 とはいえ、試合内容には課題が山積しており、今後に向けて改善は必須だ。指揮官も「すべての部分で改善して成長しながら勝っていくということをこの大会で掲げていますので、次のオマーン戦に向けてもまずは最善の準備をする、そして試合でベストを尽くし、成長と勝利を目指しながらやっていきたいと思います」と表情を引き締めていた。

 日本代表は13日に行なわれるグループリーグ第2戦でオマーンと対戦する。初戦の反省を生かして2連勝と行きたいところだ。

【日本代表PHOTO】日本3-2トルクメニスタン|森保ジャパン、ハンパない大迫と堂安のゴールで初戦を勝利で飾る!

【日本代表PHOTO】灼熱のスタジアムに「清水エスパルス」のユニフォームを発見!サポーター特集♪

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月5日発売
    欧州サッカーの1年を凝縮!
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の保存版をお届け
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月27日号
    6月13日発売
    久保建英は欧州へ旅立つ?
    「夏の㊙移籍ファイル」
    テーマ別に総チェック!
    大宮&大分特集も必見
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月6日発売
    欧州強豪の思惑は?
    夏の移籍マーケット最前線
    コパ・アメリカ選手名鑑に
    マンC特別付録も必見!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ