【ミランの移籍市場】そっぽを向くファン・ヒンケル。消去法でF・トーレスが浮上

カテゴリ:メガクラブ

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2014年08月28日

チェルシーと合意も、ファン・ヒンケル本人は気乗り薄。

クラブ間で合意したレンタル移籍に、ファン・ヒンケル(右)は難色を示している。一方、「ポスト・バロテッリ」の本命に浮上したF・トーレス(左)だが、他の候補者との交渉が頓挫した末の、いわば消極的な選択。ミランにとっては高額な年俸もネックに。 (C) Getty Images

画像を見る

 ミランは8月27日、オランダ代表MFマルコ・ファン・ヒンケルのレンタルで、チェルシーと合意に達した。同じくファン・ヒンケルに興味を示していたベンフィカとの話は進展しなかった。
 
 クラブ間の合意後、移籍の可否はファン・ヒンケル自身の意向に委ねられたが、本人はチェルシー残留を望んでおり、移籍には気乗り薄。実現は難しそうだ。
 
 一方でマリオ・バロテッリの後釜探しは、ロベルト・ソルダード(トッテナム)、ファビオ・ボリーニ(リバプール)、アルバロ・ネグレド(マンチェスター・シティ)は、いずれも相手クラブまたは選手本人が移籍交渉に応じず頓挫。当初のリストから唯一残ったフェルナンド・トーレス(チェルシー)が本命となっている。
 
 ただし、700万ユーロ(約9億8000万円)という高年俸が大きなネックで、この問題が解決できなければ他の選択肢を探さざるを得ない状況だ。候補としては、ギリシャ代表コンスタンティノス・ミトログル(フルアム)の名前が挙がっている。しかしミトログルは、良好とは言えないフィジカルコンディションに加えて、規律面でのトラブル歴も不安要素。残り5日間のメルカート(移籍マーケット)で、ミランは解決を見出せるか。
 
文:ジャンルカ・ディ・マルツィオ
翻訳:片野道郎
【関連記事】
デル・ピエロがインド行きを決断! その後は米MLSへ?
バイエルンがシャビ・アロンソと合意、クラブ間交渉へ
【移籍市場超速報】ナポリがスペインに注目。ユーベとミランの動向は?
ミラン 気になるバロテッリの後釜は? J・マルティネス、デストロ、さらにファルカオにも触手
興味深かった「本田/メネーズ/エル・シャーラウィ」の前線――TIMカップ・レビュー

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ