本田圭佑は3戦連続のAリーグ欠場…「珍しい」ハムストリングの負傷で全治4週間以上を要する可能性も

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月05日

「何とも奇妙なことだ」とクラブの指揮官

開幕から絶好調で序盤を過ごした本田だが、怪我で歩みを阻まれることに……。32歳の“助っ人”の勇姿が再び見られるのはいつになるだろうか。写真は、欠場した10節のウェリントン・フェニックス戦。 (C) Getty Images

画像を見る

 ハムストリングの負傷でオーストラリア・Aリーグの2試合を欠場したメルボルン・ヴィクトリーの本田圭佑だが、1月5日(日本時間・同日17時50分~)に行なわれる第11節のウェスト・シドニー・ワンダラーズ戦も出場メンバーから外れた。
 
 昨年末から練習に参加したものの、2日の検査で右太腿の裏側に張りがあることが判明。復帰までに4週間が必要と報道されており、今回の欠場は予想通りだったが、ケビン・マスカット監督によると、本田がピッチに戻るにはもっと多くの時間を要するかもしれない。

「彼の怪我は非常に珍しいものであり、診断した医者によれば、この症状を見たのは30数年も前のことだという。放射線技師にとっても、初めてのケースだとか……。何とも奇妙なことだ」
 
 現地紙『THE AGE』によれば、本田の負傷は通常のケースと部位が異なるとのことで、より深刻であるという。よって、全治までの正確な期間は読みづらいようだ。
 
「本田はリハビリを開始しており、クラブとしても可能な限り早く、彼がプレーできる状態に戻れるよう、懸命に動いているが、いつ復帰できるか分からない。これは珍しい怪我であり、通常のハムストリングの負傷と同じように考えることはできない」
 
 こうマスカット監督は語り、ここまで8試合に出場して5得点3アシストというチーム一の結果を残している背番号4が、予想以上に長く戦列を離れることを覚悟している。本田が欠場した2試合で、ヴィクトリーは連続して引き分けに終わり、順位をひとつ落とす(3位)など、彼の不在の影響は明らか。指揮官も頭を痛めていることだろう……。
 
 ちなみに今節対戦するワンダラーズには、6節にホームで4-0と大勝。そしてその先制点を決めたのは本田だった。果たして今回、敵地に乗り込んだヴィクトリーはどのようなプレーを見せ、結果を残せるか。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ